[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ワールドプレミアは「勝つならここってタイミング」 アンカツ氏が称賛した“操作性”

競馬のG1天皇賞・春(阪神・芝3200メートル)は2日、福永祐一騎手騎乗の3番人気ワールドプレミア(牡5歳、栗東・友道)が最後の直線で差し切って、2019年菊花賞に続くG1・2勝目を挙げた。元騎手の安藤勝己氏は「勝つならここってタイミングやった」と評価している。

ワールドプレミアがG1・2勝目を挙げた(画像はイメージです)
ワールドプレミアがG1・2勝目を挙げた(画像はイメージです)

ライバルが先に前を捕まえにいく絶好のレース展開

 競馬のG1天皇賞・春(阪神・芝3200メートル)は2日、福永祐一騎手騎乗の3番人気ワールドプレミア(牡5歳、栗東・友道)が最後の直線で差し切って、2019年菊花賞に続くG1・2勝目を挙げた。元騎手の安藤勝己氏は「勝つならここってタイミングやった」と評価している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 最内枠のメリットを最大限生かした。ワールドプレミアは道中は中団のインを追走。コースロスを最小限に抑える位置でレースを進め、勝負どころでじわっと上がっていく。4コーナーの手前で前にアリストテレスを見ながら外目へと進路を取り、5番手で直線を向くと前を行くライバルたちを一気に飲み込んだ。

 残り100メートル付近でディープボンドを外からかわし、最後は3/4馬身差をつけてゴールに飛び込んだ。鞍上の見事なエスコートも光り、伝統の長距離G1を制したワールドプレミア。名手アンカツ氏は自身のツイッターでこう振り返っている。

「ディアスティマの手応えが良すぎたので、カレンブーケドールが捕まえに動いてディープボンドにマッチする展開になった。それをシメシメと待ってたんがワールドプレミア。長距離戦における操作性が違ってたし、ここ目標に余力残しのレースしてきたからね。いい運びしたけどアリストテレスは距離が長いな」と上位4頭のレース運びを回顧。

 さらに「ワールドプレミアはディープっぽくないステイヤー。勝つならここってタイミングやった」と続けている。

 鞍上の福永は昨年、コントレイルで制した菊花賞以来のG1通算29勝目。天皇賞・春は初制覇で、8大競走完全制覇へ残すは有馬記念だけとなった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集