[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹の勝利が持つ意味 日本通の米記者が分析「興味の対象が移り変わる国だが…」

大坂、井上、池江らの名を挙げながら「今やマツヤマの番なのだ」

 さらには「ナオミ・オオサカはグランドスラムを4度制覇し、ナオヤ・イノウエは世界トップのボクサーの1人として認知されている」などとし、大坂なおみ、井上尚弥ら日本が世界に誇るトップアスリートの名前を挙げている。


【注目】CW-Xを川澄奈穂美選手がお試し 運動パフォーマンスを支える「股関節サポート機能」って?(W-ANS ACADEMYへ)

 続けて「マツヤマの達成は、さらなる人気スポーツへの大きな一歩だ」とゴルフ人気の底上げにつながるとも指摘している。

 今や日本には数々の世界に誇るトップアスリートが存在するが、今、この瞬間においては松山こそが日本スポーツ界の主役だという。

「強烈な興味の対象が次々と移り変わる国だが、マツヤマは主役の時を享受している。週末、日本は白血病を乗り越え、五輪予選4種目で勝利した20歳のリカコ・イケエに取り憑かれていた。かつてのイノウエ、ルイ・ハチムラ、あるいはラグビー日本代表のように、今やマツヤマの番なのだ」。日本通の記者は、今最も“旬な男”だと分析している。

(THE ANSWER編集部)



1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集