[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パナソニックが開幕白星 ラストシーズン・福岡堅樹のダメ押しトライで会場熱狂

新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたラグビーのトップリーグ(TL)が20日、各地で開幕した。東京・秩父宮ラグビー場では、パナソニックがリコーに55-14で勝利。2019年ワールドカップ(W杯)で史上初の8強入りに貢献したPR稲垣啓太、WTB福岡堅樹ら日本代表だった選手6人を擁する優勝候補が好スタートを切った。

パナソニックの福岡堅樹【写真:石渡史暁】
パナソニックの福岡堅樹【写真:石渡史暁】

ラグビー・トップリーグが35日遅れで開幕、1年ぶりに公式戦開催

 新型コロナウイルスの影響で第1節から延期となっていたラグビーのトップリーグ(TL)が20日、各地で開幕した。東京・秩父宮ラグビー場では、パナソニックがリコーに55-14で勝利。2019年ワールドカップ(W杯)で史上初の8強入りに貢献したPR稲垣啓太、WTB福岡堅樹ら日本代表だった選手6人を擁する優勝候補が好スタートを切った。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 昨季はコロナ禍により、2月22、23日の第6節を最後に残り全試合が中止となった。今季も1月16日の開幕前に6チーム計60人以上の陽性者が判明し、開幕が1か月延期に。試合数を減らす形で大会方式が変更され、35日遅れで開幕を迎えた。パナソニックは稲垣、福岡の他、HO坂手淳史、PRヴァルアサエリ愛、SO松田力也のW杯日本代表5人が先発。同代表のHO堀江翔太はリザーブとなった。

 先制はリコーだった。開始1分、パナソニックのボールをハーフウェイライン付近でインターセプト。パスを受けたWTBキーガン・ファリアがスペースを独走し、トライを決めた。パナソニックは9分に松田がペナルティゴール(PG)を決めて3-7。ミスが目立ち、なかなかボールを保持し続けることができなかったが、22分に左サイドで細かくパスを繋ぐと、最後はFL布巻峻介が左隅にトライを決めた。

 松田がコンバージョン(CB)を決めて10-7。33分には敵陣残り2メートルのラックから右に展開し、SH内田啓介がゴール右に飛び込んだ。松田のCB、PGなどで差を広げ、20-7で前半終了。後半6分にトライを許すと、12分に一気にFW4人を交代。堀江が登場すると、大きな拍手に包まれた。

 最も大きな拍手が鳴り響いたのは、34-14の後半23分だ。敵陣22メートルライン付近で福岡が華麗にインターセプト。そのまま余裕を持ってゴール中央に飛び込み、ダメ押しトライを奪った。今季を最後に医師の道へ進む28歳は、W杯を最後に15人制代表から引退。7人制の東京五輪は1年延期となり、夢舞台出場も断念した。この日はフィールドを爆走。自慢の足で相手防御を何度も切り裂き、会場のファンを熱狂させた。

 パナソニックは計7トライを奪って快勝。28日の第2節はパナソニックが日野(熊谷)、リコーがヤマハ発動機(花園)と対戦する。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集