[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 「私は日本を愛しています」― コストナーが“日本愛”を持ち続ける理由 

「私は日本を愛しています」― コストナーが“日本愛”を持ち続ける理由 

女子フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナー(イタリア)は来年2月の平昌五輪で2大会連続の表彰台を目指すなか、「私と私の滑りに対して、大きな愛を示してくれている。愛している」と日本への強い想いを告白した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】
カロリーナ・コストナー【写真:Getty Images】

自身4度目の五輪出場へ揺らがない“自分像” 「私は常に自分自身であり続ける」

 女子フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリスト、カロリーナ・コストナー(イタリア)は来年2月の平昌五輪で2大会連続の表彰台を目指すなか、「私と私の滑りに対して、大きな愛を示してくれている。愛している」と日本への強い想いを告白した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 イタリア国内の女子アスリートでトップクラスの人気を誇るコストナー。2016年に出場停止処分から競技復帰し、自身4度目の五輪出場を目指している。

「より良い状態で臨みたい。滑ることは大好き。今までで一番好きになっているわ。私はこうして困難に耐え、我慢を乗り越え、自分に対してストイックに戦ってきた。それが多くの人に刺激と励みになればいいと思います」

 記事によれば、コストナーはこのようにフィギュアへの愛、そして自分自身の在り方について語ったという。来年2月9日に開幕する平昌五輪前日には31歳の誕生日を迎える。今年のグランプリ(GP)ファイナルを制した15歳の新星アリーナ・ザギトワ(ロシア)ら新世代との年齢差は2倍近くだが、決して自分が揺らぐことはないようだ。

「自分への驚き? それは正確な形容詞ではありませんね。私には常に理想のスケートのビジョンが存在する。少しずつ近づいているの。正確さや完璧さは人間的ではない。私は常に自分自身であり続ける。長所も短所も持ちながら、ね」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー