[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

1.6kg超過の前王者、階級別ランクで3位維持 リング誌議論「最低でも1つ落とすべき」

ボクシングの米専門誌「ザ・リング」は、一部階級の最新ランクを更新。体重超過を犯し、王座剥奪となった選手が3位のまま変わらなかった。

ジョセフ・ディアス【写真:Getty Images】
ジョセフ・ディアス【写真:Getty Images】

体重超過後に引き分けのディアスが階級別ランクで3位に

 ボクシングの米専門誌「ザ・リング」は、一部階級の最新ランクを更新。体重超過を犯し、王座剥奪となった選手が3位のまま変わらなかった。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 前IBF世界スーパーフェザー級王者ジョセフ・ディアス(米国)は、13日(日本時間14日)の同級1位シャフカット・ラキモフ(ロシア)戦の前日計量で3.6ポンド(約1.6キロ)の体重超過を犯した。王座剥奪、罰金処分となったが、試合は引き分け。計量をクリアしたラキモフは空位の王座を獲得できなかった。

 リング誌は18日(同19日)に記事を掲載。記者や評議員の寸評をこう紹介している。

「アンソン・ウェインライト(リング誌記者)が、ディアスを3位に留め、ラキモフを4位にする事を提案。他の評議員は、彼のパフォーマンスと体重超過により、ディアスのランクを落とすことを主張した」

「マーティン・ムルカヒー(評議員)は『体重超過したのだから、ディアスのランクは少なくとも1つは落とすべき。そしてラキモフをランクインさせたい。ある種、ごまかしてアドバンテージを得てリングに上がった男と戦ったのだから、ラキモフがジョジョ(ディアス)の上にランクされても文句はない』」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集