[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、次戦も難敵 世界71位の35歳シェイをWTA特集「最も巧妙な選手の1人」

テニスの全豪オープンは14日、女子シングルス4回戦で世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)に2-1(4-6、6-4、7-5)で勝利。優勝した19年以来2年ぶりの8強入りを決め、昨年8月から続く連勝を18に伸ばした。WTA公式サイトでは「あり得ないカムバック」と称賛しつつ、準々決勝で対戦する同71位シェイ・スーウェイ(台湾)にフォーカス。「最も巧妙な選手の1人を倒さなければいけない」と難敵だと指摘している。

全豪オープンで8強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】
全豪オープンで8強入りを決めた大坂なおみ【写真:AP】

準々決勝で対戦するシェイにWTA注目

 テニスの全豪オープンは14日、女子シングルス4回戦で世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)に2-1(4-6、6-4、7-5)で勝利。優勝した19年以来2年ぶりの8強入りを決め、昨年8月から続く連勝を18に伸ばした。WTA公式サイトでは「あり得ないカムバック」と称賛しつつ、準々決勝で対戦する同71位シェイ・スーウェイ(台湾)にフォーカス。「最も巧妙な選手の1人を倒さなければいけない」と難敵だと指摘している。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 大坂は土壇場で踏ん張った。1-1で迎えた最終セットは第5ゲームで先にブレークされる苦しい展開。第8ゲームには15-40とムグルサにマッチポイントを握られたが、ぎりぎりで踏みとどまると、続くムグルサのサービング・フォー・ザ・マッチでは大坂がブレークバックに成功。土壇場で5-5のタイに戻す。そして最後は第12ゲームで大坂がブレーク。1時間55分の死闘を制し、大逆転での8強入りを決めた。

 海外記者からは「決勝に値する試合」と評された一戦をWTAは「オオサカがマッチポイントを死守し、メルボルンでムグルサをやぶる」と題してレポートを掲載している。

「15-40とされた最終セットで、5-3からオオサカは4ゲーム連取し、ロッド・レーバー・アリーナで1時間55分のあり得ないカムバックを果たした」

 追い込まれた状態からサービスエースと、相手のミスで追いつき窮地を脱出。そしてそのまま流れを掴んだ大坂の戦いぶりについて、「オオサカは、勝利を掴む過程で11本のエースと40本のウイナーを叩き込み、試合が進むにつれて激しさを増した、強烈なベースラインでのラリーで、ムグルサに打ち勝った」と伝えている。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集