[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、次戦も難敵 世界71位の35歳シェイをWTA特集「最も巧妙な選手の1人」

35歳シェイは初の準々決勝進出「オープン化以降、最年長選手」

 昨年準Vの難敵ムグルサに土俵際から逆転勝ち。8強入りしたが、次戦の相手もまた難しい相手だ。WTAはシェイとの対戦について「しかし、元世界ランク1位が準決勝進出するには、次戦で、最も巧妙な選手の1人を倒さなければいけない。なぜなら、シェイ・スーウェイがついにグランドスラムの準々決勝に進出したからだ」と注目している。

【PR】アベマで日本史上初UEFA EURO 2024全51試合無料生中継! 速報ダイジェストや見逃しフルマッチも無料!

「38度目のグランドスラム本大会出場で、台湾のシェイが第19シードでチェコのマルケタ・ボンドロウソバを6-4、6-2で下し、準々決勝進出を決めた」

 記事によると、シェイは過去に2度4回戦で敗れていたが、第19シードのマルケータ・ボンドロウソバ(チェコ)をわずか68分間で「楽々退けた」と紹介。さらに「現在ダブルス世界1位で35歳のシェイは、オープン化以降、グランドスラムの準々決勝に初めて進んだ最年長選手となった」と遅咲きぶりに脚光を浴びせている。

「巧みなベテランは、左利きのボンドロウソバを出し抜くために、その非凡なコート技術をみせ、カーブやスライスを強化し、80%のファーストサーブポイントを獲得。2019年の全仏ファイナリストであるボンドロウソバは31のアンフォースドエラーを生み出された。それは彼女のウイナーの2倍程の数だった」

 21歳のミスを誘って8強入りしたシェイ。過去の対戦では勝ち越し、世界ランクでも大きく上回るが、大坂にとって決して簡単な試合にはならないと見ている。

(THE ANSWER編集部)





1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集