[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみ、劇的大逆転を海外識者が続々称賛「決勝に値する」「信じられない精神力」

テニスの全豪オープンは14日、女子シングルス4回戦で世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)に2-1(4-6、6-4、7-5)で勝利。優勝した19年以来2年ぶりの8強入りを決めた。昨年8月から続く連勝を18に伸ばした。

全豪オープンで8強入りを決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープンで8強入りを決めた大坂なおみ【写真:Getty Images】

マッチポイント握られながら逆転で8強

 テニスの全豪オープンは14日、女子シングルス4回戦で世界ランク3位の大坂なおみ(日清食品)が、同14位ガルビネ・ムグルサ(スペイン)に2-1(4-6、6-4、7-5)で勝利。優勝した19年以来2年ぶりの8強入りを決めた。昨年8月から続く連勝を18に伸ばした。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 1-1で迎えた最終セットはお互いにキープして迎えた第5ゲームで先にブレークされる苦しい展開。第8ゲームにはムグルサにマッチポイントを握られたが、ぎりぎりで踏みとどまると、続くムグルサのサービング・フォー・ザ・マッチでは大坂がブレークバックに成功。土壇場で5-5のタイに戻す。そして最後は第12ゲームで大坂がブレーク。大逆転での8強入りを決めた。劣勢を跳ね返し、1時間55分の死闘を制した大坂を海外の識者もツイッター上で次々と称賛している。

 米ニュースサイト「ビジネス・インサイダー」のコーク・ゲインズ記者は「ワオ。これは決勝に値するような試合だ。オオサカが第3セットで5-3のビハインドで2つのマッチポイントを許した。そして彼女は今6-5でリード」と試合終了間際に興奮気味にツイートしている。

 米紙「ニューヨーク・タイムズ」のスポーツ部副編集長のオスカル・ガルシア記者は「ナオミ・オオサカの4回戦の勝利は、タイトル獲得へ彼女を推進させるようなものだ」と記せば、豪メルボルン地元ラジオ局「3AW」で司会者などを務めるシェイン・マクインズ氏も「衝撃的なカムバック。ナオミ・オオサカが2つのマッチポイントを死守し、ガルビネ・ムグルサを4-6、6-4、7-5で破る」と驚きを記している。

 さらには英紙「ガーディアン」のトゥマイニ・カラヨル記者も「オオサカが、まだ若いキャリアにおいてすでに見せてきた、信じられない精神力において、我々はこのような“死”からの偉大な生還を見たことがなかった。彼女が出来ることについて、更に学んでいる」と見事な逆転劇に感嘆しているようだ。

 準々決勝で当たる世界ランク71位シェイ・スーウェイ(台湾)とは過去に5度対戦し、4勝1敗と勝ち越している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集