[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

東京五輪代表・森脇唯人、世界戦経験者と打撃戦 ヘッドギアなしは「反対されたが…」

新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。アマで東京五輪代表の森脇唯人(自衛隊)はWBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王者・井上岳志(ワールドスポーツ)と対戦した。

「LEGEND」に登場した森脇唯人【写真提供:LEGEND実行委員会】
「LEGEND」に登場した森脇唯人【写真提供:LEGEND実行委員会】

ボクシングチャリティーイベント「LEGEND」

 新型コロナウイルスと戦う医療従事者や患者を支援するボクシングのチャリティーイベント「LEGEND」が11日、東京・代々木第一体育館で行われた。スパーリング形式で行われる3分×3回のエキシビションマッチ。アマで東京五輪代表の森脇唯人(自衛隊)はWBOアジアパシフィックスーパーウェルター級王者・井上岳志(ワールドスポーツ)と対戦した。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 注目のプロアマ対決。両者ともヘッドギアを着けずに、激しく打ち合った。1ラウンドで井上が左目尻から出血するシーンもあった。3ラウンド、迫力十分の打撃戦を演じた2人は、試合後健闘をたたえ合った。

 森脇と井上はアマとプロで主戦場は異なるが、高校、大学の先輩後輩で、過去に何度もスパーを行ってきた間柄だ。

 森脇は「こういう舞台に呼んでいただいて嬉しく思います」とまずは喜び、対戦については「井上さんとは過去に100ラウンド以上スパーやっている。コロナでなかなかジムに出稽古に行けなかったので、1年以上ぶりに手合わせして毎度思いますが、学ぶべき点があるなと思いました。フィジカル持ってますし、海外にもああいう選手も多い。勉強になりました」と振り返った。

 ヘッドギアをつけて戦う選択肢もあったが、この日はお互いに外して拳を交えた。これについてリング上でのインタビューで森脇は「危険はあるんですが、やっぱりフェアプレーでやるという中で、アマだからと自分だけ着けていてもおかしいかなと。少しでも顔を覚えてもらえればと思って外しました」と話し、会見場でも改めて「最初はヘッドギアありと聞いていたのですが、ヘッドギアをつけることでやっぱりアマじゃんと。ハンデがある。コーチには反対されたのですが、リングに上がってからは大丈夫ですと言って臨みました」と明かしている。

 森脇は身長188センチの長身で、東京五輪でも期待がかかる24歳。東京五輪のアジア・オセアニア予選で1勝し、開催国枠で初の代表に内定した。日本人で五輪のミドル級代表は2012年の村田諒太以来となる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集