[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザーが選ぶ「歴代PFP5傑」 タイソン、アリよりも高評価したヘビー級王者は?

ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏が自身が考える歴代のパウンド・フォー・パウンド(PFP)5傑を選出している。50戦無敗の自身を1位に据える一方で、2位以下には興味深い名前が並んでいる。英紙「ザ・サン」が報じている。

現役時代のフロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】
現役時代のフロイド・メイウェザー氏【写真:Getty Images】

歴代PFP最強は自身を選出、2位はウィテカー、3位は“石の拳”

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏が自身が考える歴代のパウンド・フォー・パウンド(PFP)5傑を選出している。50戦無敗の自身を1位に据える一方で、2位以下には興味深い名前が並んでいる。英紙「ザ・サン」が報じている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 メイウェザーは米国人ラッパー、ファット・ジョーのインスタライブで歴代PFPを発表したという。自身を史上最高のボクサーだと自負する一方で、ヘビー級のレジェンドであるマイク・タイソン、モハメド・アリ(ともに米国)を除外している。

 自身に次ぐ存在として、五輪で金メダルを獲得しライト級~スーパーウエルター級の4階級を制したパーネル・ウィテカー(米国)を2番手に、元世界4階級制覇王者で、“石の拳”と評されたロベルト・デュラン(パナマ)を3番手に、そして4番手には5傑の中で唯一のヘビー級ボクサーとしてラリー・ホームズ(米国)を選んでいるのだ。

 ホームズはアリの引退後、1970年代後半~1980年代前半にかけて台頭した元WBC・IBF世界ヘビー級王者。1980年に現役復帰してきたアリを破っているが、88年には自身の1度目の引退を撤回してタイソンが持つ王座に臨むも敗れている。

 なぜ、メイウェザーはホームズを選んだのか。「ヘビー級に関して言えば、ラリー・ホームズは必須だ」と話している。

 ファット・ジョーはホームズがタイソンやアリより上だとは思わないと主張すると、メイウェザーはこう説明したという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集