[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

かかとが出てる? 韓国代表FWの“ぎりぎりオフサイド”に海外注目「mmレベルの判定」

海外サッカー、英1部プレミアリーグは現地時間28日、トットナムがリバプールに1-3で敗れた。前半3分、トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが絶妙な抜け出しからネットを揺らしたが、VAR判定によりオフサイドとなり、得点が取り消された。海外メディアもこのシーンについて「ミリメートルレベルの判定」などと注目している。

ソン・フンミンのゴールはVAR判定で取り消された【写真:AP】
ソン・フンミンのゴールはVAR判定で取り消された【写真:AP】

先制ゴールかと思われたシーンに独紙「クロップはほっと一息」

 海外サッカー、英1部プレミアリーグは現地時間28日、トットナムがリバプールに1-3で敗れた。前半3分、トットナムの韓国代表FWソン・フンミンが絶妙な抜け出しからネットを揺らしたが、VAR判定によりオフサイドとなり、得点が取り消された。海外メディアもこのシーンについて「ミリメートルレベルの判定」などと注目している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 ぎりぎりの判定だ。0-0の前半3分、ケインが絶妙なタイミングで出したスルーパスにソン・フンミンが反応。DFラインを抜け出して一気に攻め込み、最後は左足でシュート。ゴール左隅に蹴りこみ、ネットを揺らした。

 幸先良く先制したかに思われたが、このシーンがVAR判定に。ケインからパスが出た瞬間、ソン・フンミンの左足がわずかにラインを越えているとされ、オフサイドでゴールは取り消しとなった。その後、流れに乗れなかったトットナムは3点を奪われて敗れた。

 VAR判定の場面について、英紙「ザ・サン」は「ソン・フンミンは明らかなオフサイドで正しい判定。しかし彼にアドバンテージはあったのだろうか?」との見出しで記事を掲載。「ごくわずかなオフサイド判定。ぎりぎりの判定だ。ソンのかかとが、わずかにトレント・アレクサンダー・アーノルドのユニフォームよりも出ていたため、正しい判定だった」などと記載している。

 オフサイドのシーンの写真には「厳しいが現行ルールでは正しい判定だ」と説明文を付けているが、本文では「しかし、ソンはゴールに背を向けていた。果たしてアドバンテージを得ようとしていたのだろうか?」とも言及している。

 また、ドイツ大衆紙「tz」は「息をのむ上位対決。クロップがVAR判定に喜ぶ」との見出しで記事を掲載。「クロップのチームはトッテナム相手にVARの判定にも助けられ、内容に値する勝利を得た。韓国の選手は、ごくわずかオフサイドにあり、ゴールは取り消された。これにクロップとチームはほっと一息。ミリメートルレベルの判定だった」とリバプールのユルゲン・クロップ監督の名前を出しながら判定の場面を振り返っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集