[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「10月最高の投手を失った」 楽天復帰の田中将大、米メディアはPSの強さに改めて注目

米大リーグ・ヤンキースで7年間プレーした田中将大投手が、NPBの古巣・楽天と入団基本合意したことが28日に発表された。米国ではポストシーズン(PS)の強さが度々注目されていたが、現地メディアは過去50年のPSで登板した先発投手と田中を比較。「10月になればチーム最高の投手の1人となる選手を失った」などと注目している。

田中将大【写真:AP】
田中将大【写真:AP】

米メディアがポストシーズンの成績に注目「抜群の数字だった」

 米大リーグ・ヤンキースで7年間プレーした田中将大投手が、NPBの古巣・楽天と入団基本合意したことが28日に発表された。米国ではポストシーズン(PS)の強さが度々注目されていたが、現地メディアは過去50年のPSで登板した先発投手と田中を比較。「10月になればチーム最高の投手の1人となる選手を失った」などと注目している。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 田中の短期決戦の強さは抜けているようだ。米ヤフースポーツは、「ヤンキース過去50年のポストシーズンの投手の中で、マサヒロ・タナカはどこに入る?」との見出しで記事を掲載。本文で「10月になればチーム最高の投手の1人となる選手を失った」とつづっている。

 同メディアは球宴出場2度を誇る田中が、シーズン中も試合をきっちり作っていたことに言及しつつ「しかし、どのチームも一番プレッシャーのかかるPSになると、タナカは最高の状態になった」と際立つ勝負強さに注目。アンディ・ペティット、マイク・ムシーナ、ロジャー・クレメンスなど、過去にPSで登板した先発投手との成績を比較している。

 記事ではPSの田中について「2015年から2020年までに先発10試合(投球54回)、防御率3.33、44奪三振(奪三振率7.3)、WHIP 0.981だ」と記載。昨季は2試合でいずれも5回途中降板し、計11失点と結果を残せなかったものの「それ以前までなら防御率も1.38と抜群の数字だった」と伝えている。

 新型コロナの影響がなければ、レギュラーシーズン以上に歓声を浴びるPS。「もしかしたら、昨季のPSは、彼にとってそうした歓声が欠けていたのかもしれない。多くの点でヤンキースのファンは背番号19を恋しく思うことになるだろう。彼のPSの成果はリストの一番上だ」と記事では田中を称賛していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集