[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マクレガー「お前は見事だ」 勝者称える“帰り際の姿”を米称賛「一流の振る舞いだ」

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。ふくらはぎを蹴る「カーフキック」を多数被弾し、足を止められて敗北。松葉杖姿で帰路についていた。屈辱的ともいえる敗戦を喫したマクレガーだが、舞台裏ではポイエーとたたえ合う姿が「一流の振る舞い」だと話題を呼んでいる。米メディアが報じている。

コナー・マクレガー【写真:Getty Images】
コナー・マクレガー【写真:Getty Images】

帰路につく前にポイエーと握手し「また戦おう」と呼びかけ

 米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。ふくらはぎを蹴る「カーフキック」を多数被弾し、足を止められて敗北。松葉杖姿で帰路についていた。屈辱的ともいえる敗戦を喫したマクレガーだが、舞台裏ではポイエーとたたえ合う姿が「一流の振る舞い」だと話題を呼んでいる。米メディアが報じている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 引退を撤回しての1年ぶりの復帰戦でまさかの結末を迎えたマクレガーだったが、試合後は実に紳士だった。カーフキックで受けたダメージは大きく、松葉杖を付き会場を離れようとするマクレガーだったが、ポイエーの前で足を止めて2人は再び対峙。そしてマクレガーは握手を求め、健闘をたたえ合った。

 米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」はこの舞台裏でのやり取りに注目。「試合後のコナー・マクレガーとダスティン・ポイエーの舞台裏での一流の振舞いがシェアされる」として、一部始終をレポートしている。

 記事では「がっかりする敗北をしたにも関わらず、マクレガーはポイエーにリスペクトを見せた。舞台裏でのマクレガーとポイエーが健闘を称え合っている映像がある。映像から、マクレガーがポイエーに賛辞の言葉を贈っていることが分かる」と記し、2人がやり取りする動画を公開。そこでマクレガーは素直にポイエーを称えている。

 マクレガーは「お前は俺の足を壊したよ。素晴らしかった。見事だよ」「兄弟よ、お前とオクタゴンで戦えたことを誇りに思っている」と拍手を送り、「また戦おう」と再戦を呼びかけている。

 破天荒な言動、挑発的な発言でも話題を呼ぶことが多いマクレガーだったが、完敗を受け止めた大人な姿が注目を浴びていた。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集