[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

完敗マクレガーをメイウェザーが酷評「自分の競技でも勝てない。パッキャオ戦は…」

米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦。2014年9月に下した相手に再戦で敗れた。かつてマクレガーと拳を交えた、ボクシングの元5階級王者フロイド・メイウェザー(米国)は、自身のインスタグラムを更新し酷評している。

フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】
フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

マクレガーと2017年に対戦したメイウェザー「自分の競技でも勝てなくなっている」

 米最大の総合格闘技「UFC」のコナー・マクレガー(アイルランド)は23日(日本時間24日)、UAEで行われた「UFC257」ライト級マッチ(5回×5分)で元同級暫定王者ダスティン・ポイエー(米国)に2回2分32秒TKO負けした。昨年3度目の引退を表明しながら撤回し、1年ぶりの復帰戦。2014年9月に下した相手に再戦で敗れた。かつてマクレガーと拳を交えたボクシングの元5階級王者フロイド・メイウェザー(米国)は自身のインスタグラムを更新し、酷評している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 マクレガーは初回から優位に進めながらも、相手が執拗に繰り出したカーフキックでダメージを蓄積。足を止められると、左右の連打を浴びて敗れた。試合後は松葉杖をつき、右足を引きずりながら帰路へ。痛々しい姿で会場を後にした。

 下馬評は有利だったが、まさかのTKO負け。この結果を受けて、メイウェザーは痛烈なメッセージを送っている。

 ボクシングYouTube「RingIQ TV」インスタグラムアカウントが投稿した「なぜフロイド・メイウェザーの立ち振る舞いは嫌われているのに、同じような立ち振る舞いをしているコナー・マクレガーは愛されているのですか? あなたの考えを聞いてみよう」という文面を引用しながら、メイウェザーは「コナーは自分の競技でも勝てなくなっている。それなのに、パッキャオとボクシングで戦うことを交渉している。誰もそんなことを見たくない。残り物が残り物を食べているようだ」などとバッサリと斬り捨てている。

 マクレガーは戦前から6階級王者マニー・パッキャオ(フィリピン)戦が取り沙汰されるなどしていたが、メイウェザーは厳しく分析していた。

(THE ANSWER編集部)


W-ANS


W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集