[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アスリートにとっても大敵、花粉症とどう戦うべきか 関東2部・南葛SCが勉強会開催

春のスギ花粉の飛散は、2月に入ると本格化。花粉症の人にとっては、早くも憂鬱なシーズン到来だ。

サッカー関東リーグ2部の南葛SCがオンライン勉強会を開催した【写真:松岡健三郎】
サッカー関東リーグ2部の南葛SCがオンライン勉強会を開催した【写真:松岡健三郎】

パフォーマンス向上へ、専門家は強調「症状が出る前に、適切な治療を」

 春のスギ花粉の飛散は、2月に入ると本格化。花粉症の人にとっては、早くも憂鬱なシーズン到来だ。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 スポーツ界でもジュニアからプロまで花粉症に悩む選手は多い。なかには、日常生活だけでなく、スポーツパフォーマンスに影響を及ぼすほど、深刻な症状を抱える選手もいる。コロナ禍で外出を控える傾向にあるものの、特にサッカーや野球などの屋外スポーツの競技者にとっては、非常につらい季節となる。

 そんな中、漫画『キャプテン翼』の作者・高橋陽一氏が代表を務める、サッカー関東リーグ2部の南葛SCが、選手・スタッフを対象に花粉症対策のオンライン勉強会を開催した。

オンラインセミナーで選手に花粉症対策を解説する山西敏朗医師【写真提供:南葛SC】
オンラインセミナーで選手に花粉症対策を解説する山西敏朗医師【写真提供:南葛SC】

 南葛SCでは昨年、トップチームとスタッフを対象にアンケートを実施。約6割が「花粉症である」「花粉症かもしれない」と答え、そのうち8割以上が睡眠に影響を及ぼしていると回答。5月の開幕に向けた調整のタイミングと花粉シーズンが重なるため、チームがパートナーシップを締結するノバルティス ファーマ株式会社の協力を得て、今回の勉強会を開催する運びとなった。

「花粉症は症状が出る前に、適切な治療を開始するべき」とは、勉強会で講師を務めた耳鼻咽喉科山西クリニック院長・山西敏朗医師。様々なデータ・診断画像を用いて、花粉症の基礎知識から治療のポイントを柱に講演を行い、「花粉症対策は、早めに耳鼻咽喉科や専門医への相談すること、そして適切な治療が重要」と話した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集