[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「UFC史上最高デビューだ」 マクレガー前座で生まれた衝撃10連猛ラッシュKOに米騒然

米総合格闘技のイベント「UFC257」で現役引退から復帰となったコナー・マクレガー(アイルランド)とダスティン・ポイエー(米国)の一戦は大きな注目を浴びたが、その前座で衝撃KOが飛び出した。UFCデビュー戦となった元ベラトール世界ライト級王者マイケル・チャンドラー(米国)がダン・フッカー(ニュージーランド)に1回2分30秒TKO勝ち。最後はパンチで猛ラッシュを浴びせ、圧倒した。決着シーンをUFCが速報すると、米ファンに衝撃が走っている。

マイケル・チャンドラーはダン・フッカーに1回TKO勝ちした【写真:Getty Images】
マイケル・チャンドラーはダン・フッカーに1回TKO勝ちした【写真:Getty Images】

ベラトールから移籍したチャンドラーが1回2分30秒TKO勝ち

 米総合格闘技のイベント「UFC257」で現役引退から復帰となったコナー・マクレガー(アイルランド)とダスティン・ポイエー(米国)の一戦は大きな注目を浴びたが、その前座で衝撃KOが飛び出した。UFCデビュー戦となった元ベラトール世界ライト級王者マイケル・チャンドラー(米国)がダン・フッカー(ニュージーランド)に1回2分30秒TKO勝ち。最後はパンチで猛ラッシュを浴びせ、圧倒した。決着シーンをUFCが速報すると、米ファンに衝撃が走っている。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 大注目を集めたオクタゴンの舞台でチャンドラーが衝撃KOを演じた。開始2分20秒、間合いを取りながら一瞬の隙を突き、左拳でフッカーの顔面を捉えた。相手の足元がぐらつくと、これを見逃さない。キャンバスにうずくまった相手に対し、左右で連打。完全に動きが止まると、右拳を顔面に向かって打ち続ける。3発、5発、10発……。ここでレフェリーがたまらず割って入り、試合を決めた。

 わずか2分30秒で訪れた決着。実況席が絶叫する中、チャンドラーはフェンスをよじ登り、豪快にバク宙を見せ、歓喜を爆発させた。UFCデビュー戦で挙げた衝撃的な勝利。UFC公式ツイッターは「新星はそれをやり遂げた」と称賛し、決着シーンの動画を公開すると、米ファンから「凄いデビューだった」「この男は野獣だ」「UFCへようこそ」「冷酷な勝利」「なんというフィニッシュ」「信じられない!」「伝説級」「UFC史上最高のデビューだ」などと驚いた様子でネット上を騒然とさせていた。

 試合後のインタビューでは、この後に試合を控えていたポイエー、マクレガー、さらにハビブ・ヌルマゴメドフ(ロシア)に対して「俺はライト級新王者だ。倒せるもんなら俺を倒してみろ。頂点で会おう」と挑発してみせたチャンドラー。鮮烈なオクタゴンデビューを飾った34歳の今後が楽しみになる150秒の戦いだった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集