[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

重量級離れした超スピード 米24歳怪物の“16連打KO”に興奮再燃「見てるこっちが痛い」

ボクシングの元WBC世界スーパーミドル級王者デビッド・ベナビデス(米国)のド派手なKO劇が再び注目を浴びている。一度も反撃を許さずに16連打を叩き込み、リングに沈めたシーンを米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」が動画付きで再脚光。米ファンには「この階級で最速のパンチの持ち主」「見てるこっちが痛い」などと戦慄が甦っている。

デビッド・ベナビデス【写真:Getty Images】
デビッド・ベナビデス【写真:Getty Images】

全勝の元Sミドル級王者、4年前の豪快KOに再脚光「反撃されずに16連打!」

 ボクシングの元WBC世界スーパーミドル級王者デビッド・ベナビデス(米国)のド派手なKO劇が再び注目を浴びている。一度も反撃を許さずに16連打を叩き込み、リングに沈めたシーンを米興行大手「プレミア・ボクシング・チャンピオンズ(PBC)」が動画付きで再脚光。米ファンには「この階級で最速のパンチの持ち主」「見てるこっちが痛い」などと戦慄が甦っている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 重量級とは思えないハンドスピードだ。2017年のロヘリオ・メディナ戦の8ラウンド。リングの中央で左ボディーをヒットさせたのが、ラッシュの始まりだ。左右の高速回転の連打を繰り出していく。3、4、5、6発……。ふらつかせると、さらにスピードアップ。13、14、15、16発と左右のフックを立て続けに顔面に叩き込み、メディナはダウン。そのままリングアウトしかけ、レフェリーが試合をストップした。

 鮮やかなTKO勝利。PBCの公式インスタグラムでは「反撃されずに16連打! WBC世界スーパーミドル級王者のデビッド・ベナビデスは怪物だ!」と添えて当時の映像を回想すると、米ファンからは「頭がぐらぐら揺れてる」「彼と戦う相手が気の毒だ」「見てるこっちが痛い」「すげぇぇぇ」「この階級で最速のパンチの持ち主」などと反響が書き込まれている。

 当時20歳だったベナビデスは、次戦でWBC同級王座決定戦に勝利し同級史上最年少でベルト獲得に成功。1度防衛した後、休養王者となったが、2019年9月に再び戴冠。昨年8月の試合で初防衛を目指す予定だったが、計量で体重超過し王座剥奪。勝利したものの王座は空位となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集