[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上拓真が「肌で感じた」尚弥の技術 14か月ぶり再起戦へ「兄弟スパーから盗んだ」

ボクシングの東洋太平洋バンタム級タイトルマッチが14日、東京・後楽園ホールで行われる。13日は前日計量が行われ、挑戦者の元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)はリミット53.5キロ、王者・栗原慶太(一力)は100グラムアンダーの53.4キロで一発パスした。両者はそれぞれリモートで取材対応。戦績は栗原が15勝(13KO)5敗、拓真が13勝(3KO)1敗。

井上拓真【写真:荒川祐史】
井上拓真【写真:荒川祐史】

14日東洋太平洋バンタム級タイトルマッチ、両者とも前日計量クリア

 ボクシングの東洋太平洋バンタム級タイトルマッチが14日、東京・後楽園ホールで行われる。13日は前日計量が行われ、挑戦者の元WBC世界バンタム級暫定王者・井上拓真(大橋)はリミット53.5キロ、王者・栗原慶太(一力)は100グラムアンダーの53.4キロで一発パスした。両者はそれぞれリモートで取材対応。戦績は栗原が15勝(13KO)5敗、拓真が13勝(3KO)1敗。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

 拓真は、2019年11月にWBC世界同級正規王者ノルディ・ウーバーリ(フランス)との団体内王座統一戦で判定負け。WBAスーパー&IBF王者の兄・尚弥(大橋)と同じ階級のまま、1年2か月ぶりの再起戦に臨む。

「減量しながらも、しっかり最後まで動けたので体調はばっちりです。やっと試合ができる喜びというか、久々のワクワク感がある。とにかく早く試合がしたいですね。相手はパンチ力がありそうだなイメージなので、一発に気をつけて戦っていきたい。展開としてはいつもと一緒。打たせないで打つことを徹底して、あとは試合の流れで決めていきたい」

 尚弥は昨秋に米ラスベガスでジェイソン・マロニー(オーストラリア)を撃破。その前から兄弟でスパーリングをしてきた。防衛を果たした兄から徹底サポートを受けた拓真は「自分の練習を優先してやってくれた。スパーで良いところ、悪いところを言ってくれましたね。アドバイス通り動けたので試合に繋がる」と手応え。さらに最強の兄についてこう続けた。

「印象としてはやっぱりうまい、強い。凄いなというのは肌で感じましたね。自分が(尚弥に)やられたような攻撃を、試合でどれだけ試せるかというのも一つの楽しみ。いいところを盗んで、それを出せたらと思います」

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集