[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

初V天理大を称賛 決勝最多55失点の早大・相良監督「相手が素晴らしかったに尽きる」

全国大学ラグビー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早大に55-28で勝利を収めた天理大が初優勝を飾った。緊急事態宣言下で開催された異例の決勝で、1984年度に3連覇した同志社大以来、関西勢36大会ぶりの頂点。2大会連続17度目の優勝を狙った早大は、2008年度以来13季ぶりの連覇はならなかった。試合後の会見では早大指揮官は天理大を称賛した。

早大の相良南海夫監督【写真:荒川祐史】
早大の相良南海夫監督【写真:荒川祐史】

早大VS天理大、全国大学ラグビー選手権決勝

 全国大学ラグビー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早大に55-28で勝利を収めた天理大が初優勝を飾った。緊急事態宣言下で開催された異例の決勝で、1984年度に3連覇した同志社大以来、関西勢36大会ぶりの頂点。2大会連続17度目の優勝を狙った早大は、2008年度以来13季ぶりの連覇はならなかった。試合後の会見では早大指揮官は天理大を称賛した。

【PR】日本くじ史上最高額! 1等最高12億円の「MEGA BIG」でくじを楽しみながら日本のスポーツを盛り上げよう

 黒のジャージーが国立で王者を蹂躙した。天理は開始早々からフォワードの強さを生かして前進すると、敵陣インゴール直前の右中央ラックから右に展開。最後はCTB市川敬太がトライを決めた。コンバージョン(CB)も決めて7-0。同31分、40分に市川がトライ。一人で3本目のトライを奪い、29-7の天理リードで前半を終えた。

 後半18分にまたも市川が4本目のトライで41-14と突き放した。決勝での55得点は2014年度大会で50-7で筑波大を下した帝京大を超える新記録で大勝だ。天理大ラグビー部の創部は1925年。小松節夫監督は93年にコーチとなり、95年に監督へと昇格した。昨年度準決勝は早大に14-52で大敗。昨夏は新型コロナウイルスの集団感染で約1か月の活動休止となったが、2011、18年度に続く3度目の決勝で悲願の初優勝となった。

 試合後に会見に応じた相良南海夫監督は「国立競技場に2年連続で立つことができて、日本一にチャレンジできる舞台に立てて、こういう状況で戦えたことを嬉しく思います」と第一声。続けて「結果は天理大が本当に素晴らしいラグビーをしたと思います。我々も1年間やってきた結果ですが、天理大の圧力を前にして(力を)出させてもらえなかった。選手はやり切ったと思う。天理大が素晴らしかったというその一言に尽きる」と勝者を称えた。

 NO8丸尾崇真主将(4年)は「コロナ禍で試合をさせてもらえたことに感謝したい」と強調。試合については「プレーに関して想定外はなかった。接点の部分で少しずつ上回られた。そこはスカウティングではわかり切れないところ。準備の段階でもう少し。そこが足りなかった。本当に天理大学が素晴らしかった。下級生が来年やってくれると思う」と後輩たちに託した。

 7日に緊急事態宣言が首都圏の1都3県に再発令。観客数は最大5000人かつ収容率50%以下に制限されたが、既に販売済みのチケット約1万7000枚には適用されなかった。感染対策としてこの日は試合前の校歌斉唱はなし。日本協会は観客の声を出した応援を控えるよう求めていた。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集