[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

天理大・松岡主将、初Vで涙 場内インタビューで絶叫「めっちゃくちゃ嬉しいです!」

全国大学ラグビー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早大に55-28で勝利を収めた天理大が初優勝を飾った。緊急事態宣言下で開催された異例の決勝で、1984年度に3連覇した同志社大以来、関西勢36大会ぶりの頂点。試合後の場内インタビューで天理大・松岡大和主将は「ありがとうございまーす! めっちゃくちゃ嬉しいです!」と絶叫し、涙を流した。

場内インタビューで涙を流す天理大の松岡大和主将【写真:荒川祐史】
場内インタビューで涙を流す天理大の松岡大和主将【写真:荒川祐史】

早大VS天理大、全国大学ラグビー選手権決勝

 全国大学ラグビー選手権決勝が11日、東京・国立競技場で行われ、早大に55-28で勝利を収めた天理大が初優勝を飾った。緊急事態宣言下で開催された異例の決勝で、1984年度に3連覇した同志社大以来、関西勢36大会ぶりの頂点。試合後の場内インタビューで天理大・松岡大和主将は「ありがとうございまーす! めっちゃくちゃ嬉しいです!」と絶叫し、涙を流した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 悲願の初優勝で、涙があふれた。天理大にとっては2011、18年度に続く3度目の決勝。花園など全国の舞台を経験した選手を多数擁するエリート軍団の早大を破った。小松節夫監督に続いて場内インタビューに応じた松岡主将は「ありがとうございまーす! めっちゃくちゃ嬉しいです!」と絶叫した。

 決勝での55得点は、14年度大会で50-7で筑波大を下した帝京大を超える新記録。攻撃力を発揮した。松岡主将は「この4年間、今まで先輩たちが培ってきたものを、全員がいい準備をしてくれた結果だと思っている」と感無量の様子で、涙を流した。

 コロナ禍に見舞われてきた今年度。緊急事態宣言下で開催された異例の決勝で天理大は躍動した。「いろいろあったが、1年間我慢して、いろんな方にサポートしてもらえたおかげでここまで乗り越えてこれたと思う」と松岡主将。最後は「ありがとうございましたー!」と再び感謝を叫んだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集