[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トゥクタミシェワ、コーチを変えない理由 移籍頻発の時代で誇る“コーチ以上の関係”

フィギュアスケートの2014年グランプリ(GP)ファイナル&15年世界選手権女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は、若手が台頭する中でも奮闘を続けている。最近のフィギュア界では移籍で指導者を変更することが話題となる中、長年同じコーチに師事する24歳。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は、トゥクタミシェワへのインタビューでコーチを変えない理由について触れている。

エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:AP】
エリザベータ・トゥクタミシェワ【写真:AP】

トゥクタミシェワは長年ミーシン氏に師事「家族に近いような関係」

 フィギュアスケートの2014年グランプリ(GP)ファイナル&15年世界選手権女王エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)は、若手が台頭する中でも奮闘を続けている。最近のフィギュア界では移籍で指導者を変更することが話題となる中、長年同じコーチに師事する24歳。IOC運営の五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」は、トゥクタミシェワへのインタビューでコーチを変えない理由について触れている。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 トゥクタミシェワは11月下旬のGPシリーズ第5戦・ロシア杯で優勝。今月17日に24歳になったが、4回転ジャンプの成功を目指すなど向上心は底知れない。そんな元世界女王について、同メディアは「永遠の“女帝”エリザベータ・トゥクタミシェワが初の五輪を目標にする」の見出しで記事を掲載。「コーチ、ミーシンとの特別な関係」と注目している。

 トゥクタミシェワは、過去に五輪王者のアレクセイ・ヤグディンやエフゲニー・プルシェンコらを指導したアレクセイ・ミーシン氏に師事。その意味についてインタビュアーに問われると、こう語っている。

「9歳でミーシンと会った後、サンクトペテルブルグへ行かなければいけないことに気がつきました。でも、プルシェンコに会うことだけを考えていました。彼のことは知っていましたから。アレクセイ・ミーシンが誰かなど知りませんでした。私はフィギュアスケートのファンではなかったし、誰も知りませんでした。イリーナ・スルツカヤとプルシェンコは知っていました。それで十分だと思っていました」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集