[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

198cm70kgの規格外ボクサー、圧巻KOにリング誌注目「“そびえたつ地獄”が揺らした」

ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.が5日(日本時間6日)、米テキサス州で元WBC同級王者ダニー・ガルシア(ともに米国)に判定勝ちで王座防衛した。一方、その前座で登場した選手が話題に。198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦でハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ち。米メディアが動画付きで公開すると、相手とのあまりのリーチ差に各方面から反響が寄せられていたが、権威ある米誌「ザ・リング」も「“タワリング・インフェルノ(そびえたつ地獄)”が、強烈なアッパーで揺らした」と表現している。

長いリーチを活かしてTKO勝ちを飾ったセバスチャン・フンドラ【写真:AP】
長いリーチを活かしてTKO勝ちを飾ったセバスチャン・フンドラ【写真:AP】

リーチは2メートル超、将来も楽しみな22歳にリング誌脚光

 ボクシングのWBC&IBF世界ウェルター級王者エロール・スペンスJr.(米国)が5日(日本時間6日)、米テキサス州で元WBC同級王者ダニー・ガルシア(米国)に判定勝ちで王座防衛した。一方、その前座で登場した選手が話題に。198センチの長身セバスチャン・フンドラ(メキシコ)がスーパーウェルター級(69.85キロ以下)12回戦でハビブ・アメド(ガーナ)に2回TKO勝ち。米メディアが動画付きで公開すると、相手とのあまりのリーチ差に各方面から反響が寄せられていたが、権威ある米誌「ザ・リング」も「“タワリング・インフェルノ(そびえたつ地獄)”が、強烈なアッパーで揺らした」と表現している。

【注目】新天地で活躍中! 久保建英の見事な守備からヘタフェが開始20秒で先制する動画はこちら

 規格外というにふさわしい。まるでリングにそびえる山だ。身長は198センチ、リーチは203センチのフンドラ。69.85キロ以下のスーパーウェルター級では破格のサイズを誇る22歳は身長183センチ、リーチ188センチのアメドに対し、長い手足を生かし、優位に試合を進める。決着は2回。ガードの上からお構いなしに攻めるフンドラはアッパー、フック、ストレートとあらゆる角度から打ち込んでいく。そして、完全に手が出なくなったアメドは防戦一方。最後はコーナーに追い詰め、ラッシュを見舞うと審判がたまらず、試合を止めた。

 決してアメドも小柄ではない。むしろ長身の部類だが、規格外のフンドラと比べるとまるで大人と子供。ある種、衝撃的な試合は多方面から反響を呼んでいたが、リング誌も「フンドラは“ワイルドハリケーン”アメドを破壊した」として試合をレポートした記事では、フンドラの戦いぶりをこう評している。

「154ポンドのボクサーとしては異例の198センチの身長により“タワリング・インフェルノ(そびえたつ地獄)”として知られるフンドラは、試合開始直後からアメドに攻勢を仕掛ける。彼はアメドをロープに追い詰め、強烈なアッパーカットで揺らした」

 フンドラを“そびえたつ地獄”と表現し、さらにリーチの長さを生かした戦いぶりは「長い腕を前に中に入れないアメドに対し、フンドラは、(リーチの)長いアッパーカットと右でアメドを攻め立てた」と伝えている。

 まだ22歳のフンドラは17戦16勝(11KO)1分とデビュー以来の無敗をキープ。規格外の超長身ファイターの今後が楽しみだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集