[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マロニー弟の無効試合 相手陣営も第3戦を希望「彼がアンハッピーなのは理解している」

ボクシングで無効試合判定に泣いた前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)。来春に王者ジョシュア・フランコ(米国)へ再挑戦する可能性が海外メディアに報じられていたが、フランコ陣営も「俺たちも同じ気持ちだ。これは俺たちが求めていた結末ではない」と再戦を希望しているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

アンドリュー・マロニー(左)とジョシュア・フランコの試合は無効試合となっていた【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】
アンドリュー・マロニー(左)とジョシュア・フランコの試合は無効試合となっていた【写真:Mikey Williams/Top Rank via Getty Images】

マロニー弟と対戦したフランコのトレーナーが第3戦を希望

 ボクシングで無効試合判定に泣いた前WBA世界スーパーフライ級正規王者アンドリュー・マロニー(オーストラリア)。来春に王者ジョシュア・フランコ(米国)へ再挑戦する可能性が海外メディアに報じられていたが、フランコ陣営も「俺たちも同じ気持ちだ。これは俺たちが求めていた結末ではない」と再戦を希望しているようだ。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が伝えている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 同メディアは「フランコのトレーナー、ロベルト・ガルシアはアンハッピー『俺たちはマロニーと第3戦を行う』」との見出しで記事を掲載。現地時間18日にガルシア氏がポッドキャスト番組「PBCポッドキャスト」で語った内容を報じている。

 井上尚弥(大橋)に敗れたジェイソンの双子の弟アンドリュー。フランコは6月にアンドリューから王座を奪取し、今月14日(日本時間15日)にダイレクトリマッチに臨んだ。初回、フランコは右目付近を負傷。顔がラウンド途中から腫れあがった。アンドリューが手数を増やす中、3回途中にドクターチェックで2度目の中断。続行できないと判断されて試合終了となった。

 有効打ならアンドリューの勝利だったが、20分を超えるビデオ判定で偶然のバッティングと判断された。無効試合で王座奪還はならず、試合後のアンドリューは涙をためながら左ジャブによる有効打だと訴えた。海外識者やメディアから様々な意見が飛び交っていたが、ガルシア氏はこう語っているという。

「俺たちは第3戦を行う。アンドリューと彼のチームがアンハッピーであることを理解しているし、俺たちも同じ気持ちだ。俺たちは王者だが、これは俺たちが求めていた結末ではない」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集