[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥前座で疑惑の判定 五輪金メダリストが辛勝も…米記者辛辣「馬鹿げている」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。同興行のアンダーカードにリオ五輪金メダリストのロブソン・コンセイソン(ブラジル)が登場。死闘の末、ダウンを奪われながらも僅差の判定勝ち。デビューからの連勝を15(7KO)としたが、米記者からは判定へのブーイングが上がっている。

ロブソン・コンセイソン(左)はルイス・コリアからダウンを奪われながらも判定勝ちを収めた【写真:Mikey Williams/Top Rank】
ロブソン・コンセイソン(左)はルイス・コリアからダウンを奪われながらも判定勝ちを収めた【写真:Mikey Williams/Top Rank】

リオの金メダリスト・コンセイソンがダウン奪われながらも判定勝ち

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)が31日(日本時間11月1日)、米ラスベガスでWBO同級1位ジェイソン・マロニー(オーストラリア)と対戦する。同興行のアンダーカードにリオ五輪金メダリストのロブソン・コンセイソン(ブラジル)が登場。死闘の末、ダウンを奪われながらも僅差の判定勝ち。デビューからの連勝を15(7KO)としたが、米記者からは判定へのブーイングが上がっている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 アンダーカードでも熱い戦いが繰り広げられた。スーパーフェザー級10回戦に登場したコンセイソンだったが、まさかの苦戦を強いられた。2ラウンド、不用意に右のガードが下がったところルイス・コリア(米国)の左を被弾。ダメージは大きかったようで、ふらつきキャンバスに尻餅をついた。

 先にダウンを奪われる苦しい展開だったが、ここから盛り返すコンセイソン。7回にはリング中央で足を止めて激しい打ち合いを展開。10回を戦い抜き、判定で自身の手が挙がると跪いて歓喜した。

 ジャッジ3人の判定は94-93が1人と95-92が2人。僅差の判定だったが、試合中にはコンセイソンのローブローもあったようで、現地の記者からは異論が上がっている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスティーブ・キム記者は「強く反対。ルイス・コリアはロブソン・コンセイソンに勝ったと思った」と断言すれば、米放送局「FOX」のマーク・オルテガ記者も「ルイス・コリアはロブソン・コンセイソンとの対戦で詐欺によって負けた。接戦だとは思ったが、コリアに分があった。2人が95-92、1人が94-93でコンセイソンとしたのは馬鹿げている」と辛辣に指摘している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集