[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米大物プロモーターも異論 ロマチェンコ陥落の大差ジャッジに「私は11-1とできない」

ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆し、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。ところが、10ポイント差をつけたジャッジに米興行大手・トップランク社CEOのボブ・アラム氏が「アポイントしないようにどんなボクサーにもアドバイスする」とコメント。米メディア「ヤフーニュース」が報じている。

テオフィモ・ロペスに敗れたワシル・ロマチェンコ(右)【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】
テオフィモ・ロペスに敗れたワシル・ロマチェンコ(右)【写真提供:Mikey Williams/Top Rank】

ロマチェンコ陥落の波乱、119-109の大差に米プロモーターが言及

 ボクシングのIBF世界ライト級王者テオフィモ・ロペス(米国)が17日(日本時間18日)、米ラスベガスで3団体同級統一王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)に3-0の判定勝ち(116-112、119-109、117-111)した。下馬評を覆し、史上5人目となる4団体統一の快挙を達成。ところが、10ポイント差をつけたジャッジに米興行大手・トップランク社CEOのボブ・アラム氏が「アポイントしないようにどんなボクサーにもアドバイスする」とコメント。米メディア「ヤフーニュース」が報じている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 今年最高のビッグマッチに疑問符がついた。ジュリー・レーダーマン氏がつけた119-109のスコアカード。ロペス圧勝を支持したが、これが海外で議論の的になっている。記事では女性ジャッジについてこう記している。

「ロペスの勝利にわずかな疑問もないが、共通理解ではロマチェンコは12回に入るまで競り続けるだけの後半の躍動感を示していた。ロペスは勝利のために力強くフィニッシュしたが、レーダーマンが示したように12回中11回も彼(ロペス)が制したことは信じがたい」

 この試合の興行を務め、両選手をプロモートするトップランク社のアラム氏もジャッジに言及したようだ。記事では、米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のマイク・コッピンガー記者のツイートを紹介。両選手の奪ったラウンド数について、アラム氏は8-4でロペス勝利の可能性もあるとしながら、7-5だと分析しているという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集