[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

米大物プロモーターも異論 ロマチェンコ陥落の大差ジャッジに「私は11-1とできない」

クロフォードも反応「良い試合だったが…」

「この試合を見て11-1と採点はできない。9、10、11回は(ロマチェンコ優勢で)僅差ではなかった。ジュリー・レーダーマンにアポイントせず、コミッションに依頼するようにと私はどのボクサーにもアドバイスするだろう」

【PR】MLB中継だけがABEMAじゃない 野球がもっと楽しくなるオリジナル動画3選!

 ロマチェンコ、ロペスだけでなく、WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)ら実力者を多く抱える大物プロモーター。他のジャッジを起用するよう選手に勧めると語ったという。

 同じくトップランク社を契約するWBO世界ウェルター級王者テレンス・クロフォード(米国)も「119-109、マジか。良い試合だったが、あのスコアはあまりに敬意に欠けている」とツイートしたことを記事で紹介している。

 試合直後から米ファンやメディアがロペス勝利を支持しつつ、採点に異論を示していたが、プロモーターや現役王者も反応したようだ。

(THE ANSWER編集部)


DAZN

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集