[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今年最大級のビッグマッチ ロマチェンコが無敗ロペスを分析「チェスのような試合に」

ボクシングの世界ライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は17日(日本時間18日)、IBF同級王者テオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦に挑む。14日(同15日)の会見で顔を合わせた両者。米専門誌「ザ・リング」は、ロマチェンコが「チェスマッチのような試合を予想」していると伝えている。

ワシル・ロマチェンコ(左)とテオフィモ・ロペス【写真:Getty Images】
ワシル・ロマチェンコ(左)とテオフィモ・ロペス【写真:Getty Images】

17日の4団体統一戦を前にロペスと共に会見

 ボクシングの世界ライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は17日(日本時間18日)、IBF同級王者テオフィモ・ロペス(米国)との4団体統一戦に挑む。14日(同15日)の会見で顔を合わせた両者。米専門誌「ザ・リング」は、ロマチェンコが「チェスマッチのような試合を予想」していると伝えている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 注目の一戦を前に火花を散らした。リング誌のパウンド・フォー・パウンドで2位のロマチェンコと、無敗の23歳ロペス。同誌は「ワシル・ロマチェンコとテオフィモ・ロペスが最後の会見で顔合わせ」との見出しで会見内容を伝えている。司会と4団体のベルトを間に挟み、ソファに腰かけた両者は、試合のブランクをさほど気にしていないようだ。

 ロマチェンコは昨年8月31日にルーク・キャンベル(英国)に判定勝ちして以来の試合となる。記事でも「自身最長となる1年48日間試合をしていない」と伝えられているが、ウクライナの英雄は「(どう感じるかは試合当日の)土曜日に確かめるよ」と事もなげに語ったという。

 一方のロペスも、リチャード・カミーに2回TKO勝ちし、IBF王座を獲得した昨年12月以来となる一戦だ。「お互いにとってこれは同じこと。我々はこれほど長い間休んだことはない。自分はでかい135ポンド選手で、常に身体をキープしていた」と話している。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集