[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はパッキャオになれるのか 英メディアが指摘「米国観衆の心を奪えるか」

ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期が続いている2020年初戦が待たれるが、英メディアでは6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の「再来」と特集している。

井上尚弥【写真:AP】
井上尚弥【写真:AP】

英スカイスポーツが“ネクスト・パッキャオ”として井上を特集

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は新型コロナウイルスの感染拡大の影響で延期が続いている2020年初戦が待たれるが、英メディアでは6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)の「再来」と特集している。


【注目】“くいこみ”問題やズレ、ムレ、モレの悩みを軽減! 大学生アスリート6人がCW-X「スポーツ専用ショーツ」を試してみました(W-ANS ACADEMYへ)

「新たなマニー・パッキャオか? モンスター、ナオヤ・イノウエはダイナマイトの両手を持つが、アメリカの観衆の心を奪わなければいけない」

 こんなタイトルで特集したのは英最大の衛星放送「スカイ・スポーツ」だった。記事では41歳で世界王者に君臨するパッキャオについて、「アメリカ市場を初めて打ち破ったアジアスポーツ界の偉人」「雷鳴の左拳という雷撃の杖と無邪気な100万ドルの笑顔で、不世出のスーパースターであり続けている」と絶賛している。

 その上で、特集ではアジア勢でパッキャオに続く、スーパースター候補にNAOYA INOUEの名前を挙げている。

「小型で戦慄のチャンプはボクシング界で最もパワフルなパンチの持ち主だ。もしかすると、パッキャオ二世はついに存在したのかもしれない。プロモーターのボブ・アラムはパッキャオを無名からセレブに導いたが、イノウエに同じポテンシャルを見ている。個性はどうなのか?」

 記事ではパッキャオ以来のアジア出身のメガスターとしての可能性を指摘している。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集