[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

Sフェザー級世界王者、2度目のコロナ陽性 直前にV2戦再延期「最高の状態だから驚き」

ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング(米国)は、14日(日本時間15日)にジョナサン・オケンド(プエルトリコ)との同級タイトルマッチが予定されていたが、へリングに新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、2度目の防衛戦が直前に延期となった。今月2日(同3日)に予定されていた防衛戦に続く2度目の延期を、米メディアが報じている。

ジャメル・ヘリング【写真:Getty Images】
ジャメル・ヘリング【写真:Getty Images】

コロナ陽性で仕切り直しのはずが…2日に続き、14日の試合も直前に延期発表

 ボクシングのWBO世界スーパーフェザー級王者ジャメル・ヘリング(米国)は、14日(日本時間15日)にジョナサン・オケンド(プエルトリコ)との同級タイトルマッチが予定されていたが、へリングに新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、2度目の防衛戦が直前に延期となった。今月2日(同3日)に予定されていた防衛戦に続く2度目の延期を、米メディアが報じている。

【注目】ママアスリートの先駆者、クレー射撃・中山由起枝が変えたい日本社会の理解度

 昨年5月に伊藤雅雪(横浜光)に判定勝ちし、タイトルを奪ったへリング。今月2日にオケンドを相手にした防衛戦が予定されていたが、6月22日にへリングに新型コロナウイルスの陽性反応が出たため、試合は延期に。3日の再検査で陰性だったため、仕切り直しの一戦が14日に行われる予定だった。

 だが、米スポーツ専門局「ESPN」は「WBOスーパーフェザー級のタイトルマッチ、ジャメル・へリングとジョナサン・オケンドの試合が2度目の延期」と見出しを打って記事を掲載。12日に検査した結果、へリングに再び新型コロナ陽性反応が出たため、14日の試合が再延期となったことを伝えている。

 記事によるとへリングは「気分は優れている。今までで最高の状態で、数日前に減量に成功した。我々のチームはトレーニングをたくさん積んでいたので、正直驚いている。家族と離れて過ごしていたことは良かったことだが、私の周りにいた人たちのことが心配だ。だけど気分は良いんだ」と話したという。

 同メディアによると、へリングは自宅に戻り、試合日程の再調整を待つという。この日の興行を主催する米大手・トップランク社は「医者や感染症の専門家と話し合って作った我々の新しいガイドラインに則り、新型コロナの陽性反応が出てから6週間までの期間に、新しい試合日程を設けることはしないだろう」としているという。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集