[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

コロナ感染内野手が「地獄を語った」 1か月の闘病中に訴え「みんなに知ってほしい」

米大リーグは23日(日本時間24日)に開幕する予定だが、新型コロナウイルス感染で闘病中のフィリーズ内野手が病状を明かし、ウイルスを甘く見ないように訴えている。地元テレビ局「NBCスポーツ・フィラデルフィア」が報じている。

フィリーズのスコット・キンガリー【写真:Getty Images】
フィリーズのスコット・キンガリー【写真:Getty Images】

フィリーズのキンガリーが地元局を通じて発信「予防策とルールを真剣に考えて」

 米大リーグは23日(日本時間24日)に開幕する予定だが、新型コロナウイルス感染で闘病中のフィリーズ内野手が病状を明かし、ウイルスを甘く見ないように訴えている。地元テレビ局「NBCスポーツ・フィラデルフィア」が報じている。

【特集】【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 闘病生活の様子を明かしたのは、フィリーズの26歳スコット・キンガリーだった。最初に症状に気づいてから約1か月が経過。同局は「フィリーズの内野手のスコット・キンガリーが新型コロナウイルス感染後の地獄について語った」という見出しで記事を掲載。「もし、あなたが新型コロナウイルスを疑っているのなら、このスコット・キンガリーの話を聞いて、心を入れ替えてほしい」とつづっている。

 6月11日に頭痛を感じたキンガリー。自宅隔離中の今月7日に受けた同局の取材に「(頭痛は)なんとか誤魔化そうとしたが、治らなかった」と明かしたという。さらに症状の経過をこう語っている。

「その3、4日後、味覚と嗅覚を失った。本当にイライラした。1週間とても疲労感があった。エネルギーが無かったんだ。息切れも経験した。そして3週間動けず、ソファに横たわっていた。階段を上がるのもきつかったんだよ」

 開幕に向けて調整を進めたいところだが、記事では「最初、検査結果が間違っていたことや、独立記念日の祝日で遅れており、隔離を続けなくてはいけない」と説明。当初は陰性だったが、キンガリーは「そんなことはあり得ない。僕には症状があるんだから」と訴えて球団トレーナーに検査キットを送ってもらった。この結果、陽性だとわかったという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集