[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太は「どんな相手の人生も惨めにする」も… 米記者が分析した新王者の現在地

ボクシングのWBA世界ミドル級で新王者に輝いた村田諒太(帝拳)。5月に疑惑の判定で敗れたアッサン・エンダム(フランス)をタイトルマッチで破り、7回終了後TKO勝ちを飾った。米メディアは新王者となった「MURATA」を、先週のボクシング界での「最大の勝利者」と高く評価する一方、課題も指摘している。

「ムラタはいかほどのものなのか?」…米専門紙記者が分析した新王者の課題

 ボクシングのWBA世界ミドル級で新王者に輝いた村田諒太(帝拳)。5月に疑惑の判定で敗れたアッサン・エンダム(フランス)をタイトルマッチで破り、7回終了後TKO勝ちを飾った。米メディアは新王者となった「MURATA」を、先週のボクシング界での「最大の勝利者」と高く評価する一方、課題も指摘している。

「ウィークエンド・レビュー」と特集したのは、米専門メディア「ボクシングシーン.com」だ。先週のボクシング界最大のイベントとなった村田―エンダム戦を「人気を誇る日本人ファイターの救済劇」と評する一方、「最大の勝利者」として「Ryota Murata」の名前を挙げている。

 前回対戦は不可解な判定で敗戦。ボクシング界で物議を醸し、エンダム勝利の採点を下したジャッジ2人が半年間の停止処分を受けるという大騒動に発展していた。リベンジマッチを制覇した村田について、記事では「週末で最も感銘的なパフォーマンス」「明らかにリベンジへの執念に取り憑かれていた」と鬼気迫る戦いぶりを称賛している。

 一方で「ムラタはミドル級の世界最高の実力者の中に身を投じることになった。それでは、彼はいかほどのものなのか?」と記し、猛者揃いの階級での現在地にスポットライトを当てている。

「彼は160パウンドの一定のグループ(ビリー・ジョー・ソーンダース、デービッド・レミュー)には対抗できると私は信じている。しかし、次のレベル(ゲンナジー・ゴロフキン、カネロ・アルバレス、ダニエル・ジェイコブス、ジャーモール・チャーロ)相手には困難に陥るかもしれない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集