[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ジョコビッチに米メディア指摘 全米OP開催の難色姿勢に「彼のように裕福ではない」

新型コロナウイルスが世界中で蔓延する中、男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が8月末開催の可能性が浮上している全米オープンについて「本当に不可能」と異論を唱えている。米ヤフースポーツが「ノバク・ジョコビッチ 全米オープンでのプレーは不可能。もしも、究極の新型コロナ対策が講じられれば」と報じている。

ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】
ノバク・ジョコビッチ【写真:Getty Images】

全米OP感染対策に難色のジョコビッチ、米メディアが指摘「全員で共有できない」

 新型コロナウイルスが世界中で蔓延する中、男子テニスの世界ランク1位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)が8月末開催の可能性が浮上している全米オープンについて「本当に不可能」と異論を唱えている。米ヤフースポーツが「ノバク・ジョコビッチ 全米オープンでのプレーは不可能。もしも、究極の新型コロナ対策が講じられれば」と報じている。

【特集】「ラグビー文化を根付かせたい」 日本代表の若きキーマンが語る憧れの舞台/ ラグビー・姫野和樹インタビュー(GROWINGへ)

 新型コロナの感染拡大で約200万人の感染者と10万人以上の死者を記録している米国。そんな中、全米オープンは8月24日に開催される可能性が高まっているが、ジョコビッチはセルビアのテレビ局「Pvra TV」に登場。主催者側の講じている開催プランに異論を唱えている。

「テニス界の首脳と電話で会談した。今季の継続についての話題で、そのほとんどが8月末に行われる予定の全米オープンだった」

 開催計画について話し合ったというジョコビッチ。主催者側が講じようとしている感染拡大防止策が選手にとって受け入れ困難だと主張しているという。

「我々はマンハッタンまでたどり着けないかもしれない。空港内のホテルに宿泊し、1週間に2、3回の検査を受けることになるんじゃないだろうか。しかも、クラブハウスには1人しか帯同させられない。これが本当に不可能だ。選手にはコーチも、フィットネストレーナーと、理学療法士も必要なんだ」

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集