[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【甦るラグビーW杯】「日本代表のおかげでもう一度、恋に落ちた」 W杯制覇の世界的名将が贈った粋な賛辞

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は史上初の8強入りを果たした日本代表。03年大会でイングランドを優勝に導いた世界的名将は「日本のおかげでラグビーにもう一度、恋に落ちた」と称賛した。

ラグビー日本代表【写真:Getty Images】
ラグビー日本代表【写真:Getty Images】

新型コロナ禍の今こそ「ONE TEAM」に―ラグビーW杯の名珍場面を連日回想

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。日本が元気を失いかけている今、振り返りたいのが昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)だ。グラウンド内外で様々なドラマが生まれた大会の名珍場面を「甦るラグビーW杯」としてプレーバックする。今回は史上初の8強入りを果たした日本代表。03年大会でイングランドを優勝に導いた世界的名将は「日本のおかげでラグビーにもう一度、恋に落ちた」と称賛した。

【PR】トップリーグは「DAZN」で見られる! リーチ、稲垣、姫野ら、W杯戦士もズラリ… 今なら初月無料キャンペーン実施中!

 アイルランド、スコットランドという「ティア1」の強豪国を破り、1次リーグ4連勝で史上初の8強入りを果たした日本。準々決勝で南アフリカに敗れたが、勇敢な戦いぶりはラグビー界に大きなインパクトをもたらした。その一人がイングランド代表ヘッドコーチとして03年大会優勝に導いたクライブ・ウッドワード氏だった。

 英紙「デイリーメール」によると、南アフリカ戦を振り返ったウッドワード氏は「想定通り、南アフリカは素晴らしいテンポを誇る日本のゲーム展開をFWのパワーでシャットアウトした。正直に言おう、スプリングボクスはかなりの快勝だった」と語ったという。しかし、世界的名将は今大会で輝きを放った日本ラグビーへの愛情も明かした。

「我々は日本に感謝することしかできない」と語ったウッドワード氏は「彼らがトーナメントにもたらしてくれたものすべてに。ハンドリングのスキル、パス、そして、スピード。まるでラグビーを初めて見た時のようだった。そして、もう一度、このスポーツに恋に落ちたのだ」と粋な表現で語り、最大級の賛辞を日本に対して与えた。

 華麗な連携で海外メディアから「シャンパンラグビー」とも称賛された今大会の日本。ラグビーの母国を代表する名将にとって、もう一度、ラグビーの面白さを再認識させるような戦いだったようだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集