[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

堀江翔太が熱唱 ラグビーW杯の「ビクトリーロード」復活に反響「涙が出ます!」

昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表HO堀江翔太がツイッターを更新し、同じくW杯日本代表FB山中亮平、元日本代表・廣瀬俊朗さんらと「ビクトリーロード」を歌う動画を公開し、「元気が出ます! 涙が出ます!」「この歌大好きです」と反響を集めている。

堀江翔太【写真:Getty Images】
堀江翔太【写真:Getty Images】

「スクラムユニゾン」の企画に参加、堀江「PMAでいきましょー!」

 昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表HO堀江翔太がツイッターを更新し、同じくW杯日本代表FB山中亮平、元日本代表・廣瀬俊朗さんらと「ビクトリーロード」を歌う動画を公開し、「元気が出ます! 涙が出ます!」「この歌大好きです」と反響を集めている。

【注目】「大人の私も受けたい」とネット話題 誰でも観られる「オンラインエール授業」はこちらから(過去のアーカイブ動画も視聴可能)

 あの秋の感動と興奮が甦ってくるようだ。白のタンクトップシャツでカメラに向かった堀江。画面は12分割されており、同じ画面に映った山中、廣瀬さんらと息を合わせ、「みんなで歌おう、ビクトリーロード」のナレーションとともに、手拍子をしながら「ビクトリーロード」を歌い出す。

「この道、ずっと行けば 最後は笑える日が来るのさ ビクトリーロード」と段々とテンポアップするメロディーに合わせて3節を歌い、最後は全員ピースで締めた。しかし、映像の締めくくりには、歌い切るのが難しかったのか、堀江は「(テンポが)速い、何回やっても速い……」と言いながら、自分でカメラを止めるところまで収められている。

 これは廣瀬さんが率いるスクラムユニゾンが医療従事者をはじめ、社会を支えてくれている人たちへの感謝を伝えることなどを目的に行った「みんなで歌おうビクトリーロード」という企画。現役選手ら11人が参加し、昨秋のW杯で日本代表が歌った「ビクトリーロード」を堀江も合唱した。

 投稿では「医療従事者筆頭に色々と支えていただいている人への感謝の気持ちを込めて参加しました!」とつづり、「こんな時こそone team て言葉があうかもね! この歌には関係ないですがPMAでいきましょー!(Positive Mental Attitude) 好きな言葉です!」と“ポジティブ思考”を呼びかけた。

 ファンからは「元気が出ます! 涙が出ます!」「ONE TEAM最高!」「世界中の関係者が喜ぶと思います」「元気・笑顔が出ます」「この歌大好きです」「最後の堀江さん」などと好評の声が続々。今後、この企画は「#ビクトリーロードチャレンジ」として展開されるといい、日本を元気づけてくれそうだ。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集