[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロマチェンコとの再戦を望む― 復活のリナレスが意欲「本当にもう一度戦いたいんだ」

ボクシングの元3階級王者ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)はライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)へのリベンジを望んでいる。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

2018年5月、ワシル・ロマチェンコ(右)はホルヘ・リナレスを破った【写真:Getty Images】
2018年5月、ワシル・ロマチェンコ(右)はホルヘ・リナレスを破った【写真:Getty Images】

2018年5月以来の再戦へ、海外メディアのインタビューで意欲

 ボクシングの元3階級王者ホルヘ・リナレス(帝拳・ベネズエラ)はライト級3団体王者ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)へのリベンジを望んでいる。米専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手・西村拳インタビュー(GROWINGへ)

 リナレスは2018年5月にロマチェンコと対戦。当時WBA世界ライト級王者だったリナレスは、6回にロマチェンコからプロ初となるダウンを奪ったが、最後はボディーへの強烈な一撃を被弾し10回TKO負け。追い詰めながらもあと一歩で敗れ、リベンジに燃えている。同メディアは「リナレスはロマチェンコとの再戦へ進むことを望む」と見出しを打って、報じている。

 記事によると、リナレスは今年2月にライト級に戻りカルロス・モラレス(メキシコ)に4回KO勝ち。復活ロードを歩み、次戦では若手有望株のライアン・ガルシア(米国)と対戦予定だった。だが新型コロナウイルスの影響で興行がストップ状態となり、ガルシア戦が不透明に。そうした状況でリナレスはロマチェンコと再戦したい意向を示しているという。

 同メディアは、ロシアのボクシング専門メディア「VRinge」でのリナレスのインタビューを引用。「ああ、いつかね。ロマチェンコとは良い関係だ。最後にロマチェンコと会ったのは、日本でのWBOの評議員会でのことだ。彼もまた僕との試合を望んでいるよ。

 ただ、今は僕の方がランクは下で、彼はトップ。だから、僕は上がっていくしかないんだ。モラレスと酷い試合をしてしまったし。次の試合になるか、それは今年なのか、それとも来年なのか分からないけど、ロマチェンコとの試合に向けた準備はできているよ」と話しているという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集