[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

クロフォード―パッキャオ戦に現実味 アラム氏が示唆「可能性は大いにあり得る」

ボクシングの米興行大手トップランクのボブ・アラムCEOはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)の次戦の相手候補に、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)を浮上させている。海外メディアに語っている。

マニー・パッキャオ(左)とテレンス・クロフォード【写真:Getty images】
マニー・パッキャオ(左)とテレンス・クロフォード【写真:Getty images】

海外記者がアラム氏の注目発言を打電

 ボクシングの米興行大手トップランクのボブ・アラムCEOはWBO世界ウェルター級王者のテレンス・クロフォード(米国)の次戦の相手候補に、6階級制覇王者マニー・パッキャオ(フィリピン)を浮上させている。海外メディアに語っている。

 米専門誌「リング」のパウンド・フォー・パウンドのトップ10同士(クロフォードが4位、パッキャオが10位)。現在同級のWBAスーパー王者パッキャオとの統一戦は実現するのだろうか。

 英専門メディア「iFL TV」でのアラム氏の注目発言を伝えているのは、英ラジオ局「トークスポーツ」のマイケル・ベンソン記者の公式ツイッターだ。「ボブ・アラム氏は、トップランク社がマニー・パッキャオ対テレンス・クロフォードを調整中であることを明かした。同氏曰く、会場費を支払う国を押さえられれば、WBA・WBOの統一戦は“可能性は大いにあり得る”とのこと」とクロフォードをプロモートするトップランク社の意向を伝えている。

 かねてから対戦がささやかれていたが、昨年12月の時点ではクロフォードをトップランク社の幹部が否定的な見解を示していた。だが今回は一転、トップランク側が前向きな様子だから状況が変わってきている。

 一方でファンも半信半疑ながら、ビッグマッチ実現の可能性に心躍らせている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集