[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最近とにかく多い「子どもの食が細くて心配」の声 “たくさん食べられない子”卒業の3つのカギ

合宿中に分かる「よく食べる子」「食べられない子」の食事の差とは

 まず、「十分な睡眠」で脳の疲れを取り除きます。胃腸の働きを司る脳を元気に保つことで、胃腸を健やかに保ちます。

 そして、起床後は朝食を摂る前に、コップ1杯~半量程度の常温の水または白湯を飲みましょう。水を「ゴクン」と飲むと、脳に「朝だよ」とお知らせする信号が届きます。すると、目覚めのスイッチが入り、胃腸が元気に働き始めます。

 水は常温か少し温かいぐらいの温度がおすすめ。体が冷えると消化酵素の働きが悪くなるので、特に冬場は冷たすぎないよう気をつけましょう。

 合宿中、「よく食べる子」「食べられない子」の食事をみていると、一番食べる量に差がみられるのが朝食です。朝食が食べられないという選手は、まずはこの2点を習慣にするとよいでしょう。

 それでも食が進まない場合、朝食は「あまり噛まなくても飲み込めるもの」も出してみてください。

 その代表がゼリー類。よくスーパーやコンビニエンスストアで見かける、缶詰のみかんをどっさり加えたようなゼリーは1個で200kcalぐらい摂れます。こういった果物をたっぷり加えたゼリーや牛乳寒を、購入したり、家で作ったりして出してみてください。これは、食が細い、食欲がないというときに、プロの野球選手も取り入れている方法なんですよ。

 ほか、果物と野菜と牛乳で作ったスムージーもおすすめです。固形物でないもの、のど越しの良いものは「たくさん食べている」という感覚が薄いので、心の負担になりません。同時に日中に必要なエネルギーを補給できるので、ぜひ試してみましょう。

 ただし、ゼリーやスムージーはあくまで通過点。最終的には、食事をしっかり食べられるようになるのが目標です。

1 2 3

吉谷 佳代

管理栄養士/公認スポーツ栄養士

江崎グリコ株式会社で健康食品開発や、スポーツサプリメントの研究開発に従事。その傍ら、多くのアスリート、学生スポーツ、ジュニアへの栄養指導、食育イベントに携わる。2013年に独立。以降、ジュニアからトップアスリートまで幅広い競技の選手に対し、栄養サポートを行う。現在、プロ野球・阪神タイガース、実業団女子バレーボール・JTマーヴェラスのチーム専属栄養士。過去には、シスメックス女子陸上競技部(2015~2020年)、Bリーグ・西宮ストークス(2014~2017年)、自転車ナショナルチーム(2013~2018年)をはじめ多くのプロ選手やジュニア選手の栄養サポート実績を持つ。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)など。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集