[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元日本代表・徳永悠平の新たな挑戦 引退から1年、地元長崎で目指す「農業×スポーツ」

サッカーJリーグは6日、2021シーズンの活躍を表彰する「Jリーグアウォーズ」を開催し、7人の功労選手賞を発表した。その中の一人、18年に及ぶプロサッカー選手人生をFC東京とV・ファーレン長崎で送った元日本代表DF徳永悠平氏が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。

「THE ANSWER」のインタビューに応じた元日本代表DF徳永悠平氏【写真:(C)DAZN】
「THE ANSWER」のインタビューに応じた元日本代表DF徳永悠平氏【写真:(C)DAZN】

Jリーグ功労選手賞を受賞、地元・長崎で送る第二の人生とは

 サッカーJリーグは6日、2021シーズンの活躍を表彰する「Jリーグアウォーズ」を開催し、7人の功労選手賞を発表した。その中の一人、18年に及ぶプロサッカー選手人生をFC東京とV・ファーレン長崎で送った元日本代表DF徳永悠平氏が「THE ANSWER」のインタビューに応じた。

 ◇ ◇ ◇

「本当に名誉ある賞といいますか、これだけ試合に出て、評価された結果の賞なので、本当にうれしく思っています」

 所属した2チームで、Jリーグ通算464試合に出場。J2への降格も、J1への昇格も、そしてJリーグナビスコカップ(現ルヴァンカップ)戴冠も経験した。唯一、届かなかったのが「取ってみたかった」と語るJ1のリーグタイトルだ。

「リーグタイトルというのは、そのシーズンで本当に一番強いチームだと思っていたので、そのタイトルが取れなかったのはすごく残念と言いますか、やっぱり取りたかったという思いはあります」

 しかし、後悔はないと言う。

「(引退してから)この1年を振り返ってみて、もっとサッカーがやりたくなるのかなとか、辞めたことを後悔するのかなと思ったんですけど、あまりそういう感情もなくて」

 その理由について徳永氏はこう口にした。

「本当にやり切ったというか、やり過ぎたというか、そういう感覚が自分の中にあって。それに現役の頃から、いろいろなことにチャレンジしたいという思いがあったんです。だからわりと今は自分で時間が作れて、好きなことにチャレンジできる時間と余裕があるので、そこに向かっていく楽しさを日々感じながら過ごせています。今はまた違うチャレンジというか、そういうのを楽しみながら、ワクワクしながらやれています」

 徳永氏が今充実していることは、その表情からも伝わってくる。現役の頃とは違う穏やかな表情について聞いてみると、「ヒゲをちゃんと剃っているからかな(笑)」とおちゃらけて見せたが、「確かに昔に比べたら、顔つきが優しくなったとか、よく言われるんです。厳しい環境というか、日々戦いのなかで生きていたので、そういう顔つきになっていたかもしれないですね」と現役時代のプレッシャーや葛藤を懐かしそうに振り返った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
高木美帆が選んだのは、ワコールのスポーツブラでした
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集