[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

プロから“サラリーマン選手”へ J通算435試合出場の小林祐三がアマ転向を決めたワケ

現役時代の写真を振り返ると、金髪や銀髪といった派手な髪色が目に留まる。2010年にコンバートされてからは右サイドバックが主戦場となった。持前のスピードとスタミナでサイドを駆け上がる攻撃的スタイルでファンを沸かせた小林祐三氏が「THE ANSWER」の取材に応じた。

プロ選手の引退後にアマチュア選手への道を選んだ小林祐三氏【写真:2020 Criacao】
プロ選手の引退後にアマチュア選手への道を選んだ小林祐三氏【写真:2020 Criacao】

プロサッカー選手という肩書に未練はない

 現役時代の写真を振り返ると、金髪や銀髪といった派手な髪色が目に留まる。2010年にコンバートされてからは右サイドバックが主戦場となった。持前のスピードとスタミナでサイドを駆け上がる攻撃的スタイルでファンを沸かせた小林祐三氏が「THE ANSWER」の取材に応じた。

 柏レイソル、横浜F・マリノス、そしてサガン鳥栖でプレーし、昨シーズンを持って17年間のプロサッカー選手人生に幕を閉じた。と同時に、アマチュア選手としてプレーを続けていくことも発表された。前後編でお届けする前編は「プロとアマチュア」。サッカー界では珍しいプロ選手の引退後に選んだアマチュア選手としての道について、小林氏の考えを聞いた。(文=藤井雅彦)

 ◇ ◇ ◇

 Jクラブが続々と新シーズンを始動し、キャンプインしていく1月のある日。小林祐三は新調したばかりのスーツとネクタイを着用し、オンラインミーティングを重ねていた。本来ならば革靴を履き、初めて手にした名刺をクライアントに手渡しているはずが、政府が発令した緊急事態宣言の影響でテレワークに切り替えざるをえなかった。

 高校サッカーの名門・静岡学園卒業後に柏レイソルでプロキャリアをスタートさせ、以降は横浜F・マリノスやサガン鳥栖でプレーした。プロ生活17年間でJリーグ通算435試合出場という輝かしい実績を持つDFは、昨年12月にプロサッカー選手引退を発表。同時に第2のサッカー人生として関東サッカーリーグ1部のクリアソン新宿を選んだ。

 サッカー界において、一風変わったセカンドキャリアへ進む理由をこう明かす。

「34歳(当時)の自分が、Jリーグという舞台でこれからもプレーする姿を想像できませんでした。これは決して強がりではなくて、具体的にイメージしてチャレンジすることが難しかった。去年の夏くらいまでは、例えばカテゴリーを落としてピッチ上で自分のプレーを表現してからやめたいという葛藤や自分の心の中での綱引きもあったけど、ある日起きた瞬間に思ったんです。『あ、やーめた』って。プロサッカー選手としてプレーしていたらずっと悔しいことがあるし、選手として表現したいと思い続けるでしょう。でも、違うことをやったみたいという欲求に蓋をしてまでプロサッカー選手を続ける自分は想像できませんでした」

 Jリーガー以外の未来像を描き始めたのは横浜Mに在籍していた20代後半の頃から。プレーヤー小林が心身ともに充実していた時期で、チームは2013年にリーグ優勝争いの主役を演じ、14年元日には天皇杯優勝を成し遂げた。

「日本屈指のレベルでサッカーができるのはとても楽しくて、僕は心の底から誇りを持ってプレーしていました。それが持っていた不安をかき消してくれていたんです。でも30歳を過ぎてからはだんだんと隠し切れなくなって、自分がいろいろな学びを得れば得るほど、違う世界を見たいという気持ちが強くなりました」

 プロサッカー選手という肩書きやJリーグという舞台に未練はない。Jリーグ通算435試合、そのうちトップカテゴリーであるJ1での試合出場は365試合を数える。「数字だけを追い求めてやってきたわけではない」と前置きしつつも、「概ね満足しているし、立派な数字だと思います。数字や記録は消えないし、プロからアマチュアになったからといって出場試合数を減らされるわけではないですから」と茶目っ気たっぷりに笑った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集