[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「僕はきっと『トゥーリオ』のままだった」 闘莉王の人生を変えたプロ3年目の選択

アスリートのキャリアは選択の連続だ。トップ選手が人生を変えた“2分の1の決断”の裏側に迫る「THE ANSWER」の連載「選択――英雄たちの1/2」。次世代の中高生が進路選択する上のヒントを探る。第5回は元サッカー日本代表DF田中マルクス闘莉王氏。浦和、名古屋、京都など5クラブで活躍し、五輪、ワールドカップ(W杯)にも出場した38歳は、プロ3年目にある選択を迫られた。

人生の転機にプロ3年目の出来事を挙げる田中マルクス闘莉王氏【写真:荒川祐史】
人生の転機にプロ3年目の出来事を挙げる田中マルクス闘莉王氏【写真:荒川祐史】

連載「選択―英雄たちの1/2」、水戸移籍直後に「ブラジル帰国」を考えた出来事

 アスリートのキャリアは選択の連続だ。トップ選手が人生を変えた“2分の1の決断”の裏側に迫る「THE ANSWER」の連載「選択――英雄たちの1/2」。次世代の中高生が進路選択する上のヒントを探る。第5回は元サッカー日本代表DF田中マルクス闘莉王氏。浦和、名古屋、京都など5クラブで活躍し、五輪、ワールドカップ(W杯)にも出場した38歳は、プロ3年目にある選択を迫られた。

 ◇ ◇ ◇

 昨年、スパイクを脱ぐまで、19年に渡り、現役生活を駆け抜けた闘莉王。日系ブラジル人を父に持つ少年は、渋谷教育学園幕張高(千葉)入学と同時に来日した。以降、Jリーグデビューを経て、04年アテネ五輪出場、10年南アフリカW杯出場、輝かしいキャリアを描く選手となったが、「人生を変えた1/2」はいつ、どのタイミングで訪れたのか。意外にもプロ3年目の出来事を挙げた。

「J2の水戸に移籍した時。正直、その環境に衝撃を受けた。入った寮は布団もなく、食事も自分で用意する。厳しい環境だった。ちょうど、オフ明けでブラジルから帰ってきた直後ということもあって『もう、日本ではできない。ブラジルに帰る』と父に連絡したくらい。もし、あのまま本当に帰っていたら日本に帰化もしてないし、僕はきっとカタカナの『トゥーリオ』のままだった」

 01年に高卒で広島に入団した闘莉王。185センチの強靭なフィジカルを生かし、1年目はリーグ戦で17試合、2年目は22試合と出場機会を増やした。しかし、オフに転機があった。外国人枠の関係で退団せざるを得なくなった。3年契約があと1年残っていたこともあり、「日本でまだやり残したことがある」と決意。広島のフロントに「どこでもいいから日本でプレーしたい」と訴えた。

「ただ、当時の水戸の環境は広島と違い過ぎた。正直、プロとアマチュアくらい。高校でもっと整っていた学校もあると思う。公園で人にどいてもらってコーンを置いて練習したり、とんでもなく遠いただの芝生があるだけの場所で練習したり。シャワーを浴びる場所もなく、食事も自分で手配しないといけないからコンビニ弁当ばかり。今の水戸はもちろん、そんなことないけどね」

 当時の選手寮で与えられた一室にはカーテンも、冷暖房もなかった。常夏のブラジルで育った闘莉王の弱点は「とにかく寒さ」。ただでさえ過酷な環境に加え、知り合いもいない。車もないので、移動も一人でできない。21歳の心は、ぽっきりと折れた。父に電話したのは入寮2日目のことだった。「この状態だったら帰る。こんなの大変だよ、寒いし。なんも整ってないよ」と訴えた。

 しかし、父から帰ってきたのは一言、「ダメだ。あと2週間だけ、我慢しろ」。理由は聞かされなかった。「『なんで?』って思ったけど、全然喋ってくれなかった。『簡単に帰ってくるな』ということだったと思う。何事もあまりそんなに詳しく言う人じゃないけど、『とりあえず2週間だけ我慢しろ。そのあとだったら帰ってきていいよ』と言われたのが印象的だった」と振り返る。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集