[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

西武で活躍、中国唯一の野球研究者 高校まで野球と無縁…人生変えた「五輪」と「タッチ」

おそらく中国で唯一の野球研究者が、プロ野球の西武で活躍している。今季から1軍のバイオメカニクス担当兼アナリストを務める劉璞臻(りゅう・はくしん)さんだ。自らに選手歴はない中、プロ野球の世界で日々の勝負をスタッフとして支える。近年、野球をデータや動作の観点から分析できる人材が各球団に増えているが、プロの世界へたどり着いた方法は千差万別。外国人でもある劉さんが、どのように道を切り開いたのか聞いてみた。(取材、文=THEANSWER編集部 羽鳥慶太)

少年時代は全く野球を知らなかったという劉さん。どうやって西武への就職を果たしたのか【写真:羽鳥慶太】
少年時代は全く野球を知らなかったという劉さん。どうやって西武への就職を果たしたのか【写真:羽鳥慶太】

西武で打撃動作分析の専門家として活動する劉璞臻さん、野球と出会ったきっかけは?

 おそらく中国で唯一の野球研究者が、プロ野球の西武で活躍している。今季から1軍のバイオメカニクス担当兼アナリストを務める劉璞臻(りゅう・はくしん)さんだ。自らに選手歴はない中、プロ野球の世界で日々の勝負をスタッフとして支える。近年、野球をデータや動作の観点から分析できる人材が各球団に増えているが、プロの世界へたどり着いた方法は千差万別。外国人でもある劉さんが、どのように道を切り開いたのか聞いてみた。(取材、文=THEANSWER編集部 羽鳥慶太)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 身長190センチ、体重99キロという堂々とした体躯は、ただ者ではない空気を醸し出す。劉さんは中国・山東省済南市の出身。聞けば、学生時代にはバスケットボールやサッカーに勤しんだ元アスリートだ。ところが、中国ではマイナースポーツの域を出ない野球に魅せられ、職業にまでしてしまった。「高校までは野球をまったく知らなくて、バスケを好きでやっていました。体育の先生になろうと考えて、山東体育学院へ進みました」。そこからはあまりにも意外な変転を経ている。

 人生を変えた出会いは、高校3年生の時だった。2008年に北京で行われた夏季オリンピックでは野球が正式種目として行われ、中国国内でもテレビ中継された。初めて野球を目にした劉さんは「新鮮でした。チームスポーツなのに、投打の1対1の対決もある。これは奥深いな。面白いと思いました」。思わずインターネットで動画を探すと、当時レッドソックスの松坂大輔投手や、甲子園の模様を見ることができた。日本の野球にどんどんひかれていった。

 ただ身近なところに、野球の匂いは全くない。やってみたいなと思っても、誰も野球を知らなかった。見つかったのは、中国が強い女子ソフトボールのチームだった。

「他にないので練習を見に行ったんです。『こんな感じなのか』とつかんだあとで、他の大学に野球をやっているところがあると聞いて、夏休みに初めて体験に行きました」。ボールを投げ、バットを振る。爽快感のとりこになった。「本当に楽しかったです。バットをボールに当てるのは気持ちいいですし」。

 野球への興味に火がつき、大学2年時には盛んな国への留学を考え始めた。日本とアメリカの事情を調べたが、日本にしようと決めるまでにそう時間はかからなかった。日本野球の動画を見ていたという理由のほかに、少年時代の記憶も蘇ったという。

「私の頃は、中国で日本のアニメをかなり放送していたんです。スラムダンクとか、キャプテン翼とか。その中で野球のアニメは『タッチ』でしたね。日本の野球文化が身近に思えたのは、アニメの影響があると思います」。2013年の春、野球に導かれるようにして劉さんは日本にやってきた。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集