[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

強化合宿に異例の40社70人取材殺到 高校3冠、飛び級…ハンドボール界に現れた天才・安平光佑は何者か

パリ五輪に挑む日本ハンドボール界に、新しいスターが誕生した。88年ソウル大会以来36年ぶりに予選を突破して五輪に臨む男子日本代表が10日、強化合宿中の東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開。「天才司令塔」にして「ファンタジスタ」とも呼ばれる安平光佑(23=RKバルダル)に、ハンドボールでは異例の多くのメディアが集まった。(文=荻島 弘一)

安平光佑【写真:Getty Images】
安平光佑【写真:Getty Images】

「天才司令塔」にして「ファンタジスタ」とも呼ばれる安平光佑

 パリ五輪に挑む日本ハンドボール界に、新しいスターが誕生した。88年ソウル大会以来36年ぶりに予選を突破して五輪に臨む男子日本代表が10日、強化合宿中の東京・北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで練習を公開。「天才司令塔」にして「ファンタジスタ」とも呼ばれる安平光佑(23=RKバルダル)に、ハンドボールでは異例の多くのメディアが集まった。(文=荻島 弘一)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 控室に収まらないほどの報道陣の数だった。テレビや新聞など40社から70人以上。人気競技なら珍しくもないが、普段はこの半分も集まらないハンドボールでは異常事態といえた。「五輪効果」があるとはいえ、圧倒的に注目されたのは欧州でプレーする若き司令塔の安平。コートサイドに並んだテレビカメラ12台とカメラマンの望遠レンズが、その動きを追いかけた。通常なら練習後は選手の囲み取材だけだが、取材希望者の多さに急きょ部屋を用意して会見まで行われた。

 昨年10月、代表経験わずか2試合で臨んだパリ五輪アジア予選で、チームを36年ぶりの五輪予選突破に導いた。攻撃のリーダーとして毎試合前にミーティングを行い、先輩たちに細かな動きを指示。アシスト、ゴールと大車輪で活躍した。長く日本代表の司令塔を務めてきた東江雄斗主将(30)も「安平がいなかったら、五輪出場は難しかった」と話したほど、多くの選手がMVPに安平の名を挙げていた。

 もっとも、五輪出場権獲得後は開催地のカタールから帰国せずにリーグ戦の行われている北マケドニアに直帰。凱旋会見も不在だった。準優勝した1月のアジア選手権後も大会中の負傷もあって帰国した代表チームには帯同せず。それだけに、多くの報道陣が「未知のエース」に殺到したのだ。

 中学生時代から「将来の日本のエース」として注目された安平は、富山・氷見高の主将として高校3冠(総体、選抜、国体)を獲得。「飛び級」で世代別代表でも活躍し、日体大1年からはフランスやドイツでも短期間プレーした。22年に日体大を3年で中退し、ポーランドの強豪プウォツク入り。日本人として初めて欧州チャンピオンズリーグ(CL)に出場し、ベスト8入りにも貢献した。

 昨季、北マケドニアのRKバルダルに移籍した。ハンドボール強国の旧ユーゴから分かれた同国もハンドボールが盛んで、RKバルダルはバルセロナやパリSGなどを下して16-17、18-19年と2度欧州CL優勝した強豪。安平はそんなチームの司令塔として活躍している。

1 2

荻島 弘一

1960年生まれ。大学卒業後、日刊スポーツ新聞社に入社。スポーツ部記者としてサッカーや水泳、柔道など五輪競技を担当。同部デスク、出版社編集長を経て、06年から編集委員として現場に復帰する。山下・斉藤時代の柔道から五輪新競技のブレイキンまで、昭和、平成、令和と長年に渡って幅広くスポーツの現場を取材した。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集