[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

一浪一留だから見つかった最短ルート 北大から初のプロ…西武・宮澤太成を変えた20万円の自己投資

「少年よ、大志を抱け」のクラーク博士で有名な北海道大学は、国立の難関校として知られる。前身の札幌農学校時代に生まれた野球部は実に1901年からの歴史を誇り、今季124年目を迎えた。昨秋、この野球部から初のプロ野球選手が生まれた。独立リーグの徳島インディゴソックスを経由して、西武にドラフト5位指名された宮澤太成投手だ。大学入学時には思いもよらなかったプロ入りは、どのように果たされたのか。一浪一留という経歴に先を阻まれながらも、この大学で過ごしたからこそできた「理詰め」のプランで乗り越えたのだという。(取材・文=THE ANSWER編集部 羽鳥慶太)

北大から徳島インディゴソックスを経て、西武にドラフト5位指名された宮澤太成【写真:羽鳥慶太】
北大から徳島インディゴソックスを経て、西武にドラフト5位指名された宮澤太成【写真:羽鳥慶太】

「北大じゃなければプロに行っていない」自由な野球部で開発された能力

「少年よ、大志を抱け」のクラーク博士で有名な北海道大学は、国立の難関校として知られる。前身の札幌農学校時代に生まれた野球部は実に1901年からの歴史を誇り、今季124年目を迎えた。昨秋、この野球部から初のプロ野球選手が生まれた。独立リーグの徳島インディゴソックスを経由して、西武にドラフト5位指名された宮澤太成投手だ。大学入学時には思いもよらなかったプロ入りは、どのように果たされたのか。一浪一留という経歴に先を阻まれながらも、この大学で過ごしたからこそできた「理詰め」のプランで乗り越えたのだという。(取材・文=THE ANSWER編集部 羽鳥慶太)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 高校最後の夏は長野県大会の3回戦、投手になったのは高校2年の途中から。そんなどこにでもいそうな高校生がプロ野球のグラウンドに立つまでには、国立大学の野球部で磨いた思考力が必要不可欠だった。西武のユニホームがすっかり似合うようになった宮澤に、北大野球部で学んだことを問うと、重みのある言葉が返ってくる。

「自主、自律を経験したことですね。自由って難しいと思うんですよ。自由の中でうまくなるのって本当に難しい。サボろうと思えばいくらでもサボれるし、突き詰めなくても別にいい。でもその中で、自分は仮説を立てて実行し、検証するという能力が高められました。大学で身についたものだと思いますし、北大じゃなければプロに行ってないと思います」

 北大野球部のグラウンドは札幌市のキャンパスの一角に、ポプラ並木に囲まれて存在する。冬は当然のように積雪で使えず、練習はトレーニング室やビニールハウスのブルペンの中。練習内容もあくまでも学生主体で決めていく。そんな野球部の空気が、宮澤には合った。

 出身の県立長野高は長野県有数の進学校。進路を選ぶにあたっては、野球も勉強もしっかりできる大学が条件だった。ところが現役時は受験に失敗し、1年間浪人生活を送る。北大に過去、全国8強の実績があることはこの頃知った。みごと受験を突破して野球部の一員となると、1年秋からリーグ戦で登板した。ただ当時の北大は札幌学生リーグの2部に落ちており、プロ野球はまだ遠い彼方にあった。プロへ行きたいと具体的に考え始めたのは、いつだったのだろうか。

「小さい頃は誰でも思うじゃないですか。でも明確に意識したのは、大学野球部で最終学年を迎えた時です」。その直前に行った“集中投資”が、成果となって帰ってきたからだという。

 札幌学生リーグ2部で迎えた3年秋。開幕直前に右太もも、期間中に右肩を痛めたものの4勝を挙げ、MVP、ベストナイン、最優秀投手に輝いた。考えながらの練習で、少しずつ自分の力が伸びていくのが分かった。野球がどんどん面白くなっていた宮澤は、一つの決断をする。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集