[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平グラブに「何とも思わない子がいたっていい」 全国の大人にも学び与えた6万個の贈り物

米大リーグ・ドジャースに移籍した大谷翔平投手が全国の小学校に対してグラブを寄贈したことは、さまざまな反響と感動を呼んだ。受け取った児童たちの笑顔や歓声はもちろん、それを“仲介”した自治体にとっても多くの学びや教育のあり方まで考えさせる出来事だったようだ。スーパースターからの贈り物に独自の思いを添えた神奈川・相模原市の取り組みは、全国的にも話題に。「THE ANSWER」では、大谷の思いを汲んだ市の担当課に今回“ひと手間”を加えた考えを聞いた。

ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャースの大谷翔平【写真:ロイター】

寄贈されたグラブ以外にボールと「大谷著書」も添えた相模原市

 米大リーグ・ドジャースに移籍した大谷翔平投手が全国の小学校に対してグラブを寄贈したことは、さまざまな反響と感動を呼んだ。受け取った児童たちの笑顔や歓声はもちろん、それを“仲介”した自治体にとっても多くの学びや教育のあり方まで考えさせる出来事だったようだ。スーパースターからの贈り物に独自の思いを添えた神奈川・相模原市の取り組みは、全国的にも話題に。「THE ANSWER」では、大谷の思いを汲んだ市の担当課に今回“ひと手間”を加えた考えを聞いた。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 昨年11月、大谷は日本全国の小学校・約2万校にそれぞれ3個ずつ、合計およそ6万個のグローブの寄贈を発表。昨年末から今年にかけて全国の教育委員会などに届き、各校に順次渡されていった。

「この3つの野球グローブは学校への寄付となります。それ以上に私はこのグローブが、私たちの次の世代に夢を与え、勇気づけるためのシンボルとなることを望んでいます。それは、野球こそが、私が充実した人生を送る機会を与えてくれるスポーツだからです」

 手紙も添えられ、メッセージの最後には「野球しようぜ。大谷翔平」の文字。手にした児童たちが歓声を上げ、うれしそうにキャッチボールする姿が報じられた。

 今月9日、市教育委員会に大谷からの贈り物が届いたことを発表した相模原市は「子どもたちに野球を楽しんでほしい」という大谷の思いを汲み、市立小学校など72校に対し、グラブだけでなくキャッチボール専用のボール2個と大谷の著書「不可能を可能にする大谷翔平120の思考」を配付。同市のプロモーションをSNSで発信する「相模原市シティプロモーション」公式X(旧ツイッター)で「同封のメッセージに胸が熱くなりました。大谷選手ありがとうございます」などと記した。

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集