[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高校教諭2人に訪れた突然の転機 東洋大・酒井監督夫妻、「福島→埼玉」行きを決断した激動の3か月

大学陸上界では珍しい指導者夫婦がいる。箱根駅伝の常連校で通算4回の優勝を誇る東洋大学陸上競技部を2009年から率いる酒井俊幸監督と、監督補佐としてチームを支えながら18年から競歩選手を指導する妻の瑞穂コーチだ。今回の第100回箱根駅伝でも東洋大は下馬評を覆して総合4位となり、19年連続シード権を獲得している。夫婦揃って日本を代表する多くのランナーを育て、世界の舞台を見据えて指導を続けているが、インタビュー前編では08年12月に母校から届いた突然の就任要請から、決断に至るまでの激動の3か月を振り返る。当初は断りを入れ、就任に消極的だった夫の背中を押したのは、妻の東洋大に対する思いだった。(取材・文=牧野 豊)

東洋大学陸上競技部を夫婦で指導する酒井俊幸監督(左)と瑞穂コーチ。ともに福島で高校教諭を務めていた中で突然の転機となった【写真:編集部】
東洋大学陸上競技部を夫婦で指導する酒井俊幸監督(左)と瑞穂コーチ。ともに福島で高校教諭を務めていた中で突然の転機となった【写真:編集部】

東洋大学陸上競技部(長距離部門)酒井俊幸監督&瑞穂コーチインタビュー前編

 大学陸上界では珍しい指導者夫婦がいる。箱根駅伝の常連校で通算4回の優勝を誇る東洋大学陸上競技部を2009年から率いる酒井俊幸監督と、監督補佐としてチームを支えながら18年から競歩選手を指導する妻の瑞穂コーチだ。今回の第100回箱根駅伝でも東洋大は下馬評を覆して総合4位となり、19年連続シード権を獲得している。夫婦揃って日本を代表する多くのランナーを育て、世界の舞台を見据えて指導を続けているが、インタビュー前編では08年12月に母校から届いた突然の就任要請から、決断に至るまでの激動の3か月を振り返る。当初は断りを入れ、就任に消極的だった夫の背中を押したのは、妻の東洋大に対する思いだった。(取材・文=牧野 豊)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 ◇ ◇ ◇

 結婚して6年。ともに故郷・福島で高校教諭、また長距離、競歩の指導者としての生活が軌道に乗り始めていたが、2008年12月、東洋大学から酒井俊幸に最初の連絡が入る。翌年から母校・東洋大学陸上競技部の監督への就任を打診されたのだが、その時は即答で断りを入れた。

「私自身は実業団を退いて、学法石川高の教員になって4年目。当時、2年生の担任のクラスを持ち、部活でも自分が初めて勧誘した生徒たちが次年度に最終学年を迎える時で、生徒や彼らの出身中学校への責任がありました。私より教員歴の長い妻も県立高校保健科教諭として担任のクラスを持ち、競歩の指導者として県陸協の強化コーチとしても活動しており、それぞれ抱える役割があったからです」

 私生活では長男が生まれ、建てて間もない注文住宅もあった。俊幸は当初、打診について瑞穂に伝えていなかったが、その後も大学から連絡を受ける過程で事情を説明。「断ろうと思う」と胸の内を伝えた。

 しかし、瑞穂の答えは予想もしないものだった。

「その話、受けたほうがいいよ」

 そして瑞穂自身も、正式採用の女性体育教員として積み重ねていたキャリアを捨て、一緒についていくという。「何を言っているのか。教員も辞めて、家も売ることになる」と夫に言われても、瑞穂は「母校の一助にならなければ、と説得し続けました」と振り返る。

1 2 3

牧野 豊

1970年、東京・神田生まれ。上智大卒業後、ベースボール・マガジン社に入社。複数の専門誌に携わった後、「NBA新世紀」「スイミング・マガジン」「陸上競技マガジン」等5誌の編集長を歴任。NFLスーパーボウル、NBAファイナル、アジア大会、各競技の世界選手権のほか、2012年ロンドン、21年東京と夏季五輪2大会を現地取材。22年9月に退社し、現在はフリーランスのスポーツ専門編集者&ライターとして活動中。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集