[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

カナダの国籍選択で五輪Vへ 柔道世界女王・出口クリスタが手にした「スラムダンク勝利学」

柔道のグランドスラム(GS)東京大会初日が2日、東京体育館で行われた。女子57キロ級では、28歳の世界選手権女王・出口クリスタ(カナダ)が初優勝。決勝はジェシカ・リマ(ブラジル)に54秒で一本勝ちした。カナダ国籍を選択して目指した東京五輪は代表落選。再び世界女王に上り詰め、「スラムダンク勝利学」のメンタルトレーニングが生きていることを明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

出口クリスタ【写真:Getty Images】
出口クリスタ【写真:Getty Images】

柔道グランドスラム東京

 柔道のグランドスラム(GS)東京大会初日が2日、東京体育館で行われた。女子57キロ級では、28歳の世界選手権女王・出口クリスタ(カナダ)が初優勝。決勝はジェシカ・リマ(ブラジル)に54秒で一本勝ちした。カナダ国籍を選択して目指した東京五輪は代表落選。再び世界女王に上り詰め、「スラムダンク勝利学」のメンタルトレーニングが生きていることを明かした。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 冷静に、淀みなく一本を奪い取った。決勝。出口はわずか54秒で大外刈りを決めた。「なるべくリラックスして自分の試合をすることを心掛けた」。畳を降りて凛々しい表情が一変。笑顔を輝かせ、日本の観客に感謝した。

 カナダ出身の父と日本人の母を持ち、長野・塩尻市で生まれ育った。地元の誠心館道場で柔道を始めたのは3歳。松商学園高ではインターハイや全日本ジュニアで優勝したが、次第に力で押す柔道が通じなくなり、山梨学院大では優勝から遠ざかった。

 五輪への夢を諦めかけた頃にカナダ代表コーチから誘いを受け、2017年に同国国籍を選択。「東京五輪で金メダル」という夢を叶えるための決断だった。しかし、代表有力候補だった東京五輪はコロナ禍で1年延期になり、選考方法が変更。21年世界選手権は5位に終わり、優勝したジェシカ・クリムカイトに代表権を奪われるなど、コロナ禍の煽りを受けた。

 夢への思いが強いだけに、代表争いで気負いすぎた。改善のために取り組んだのはメンタルトレーニング。大学の恩師・山部伸敏監督(当時)の紹介を受け、「スラムダンク勝利学」の著者・辻秀一氏に師事した。超人気漫画をテキストにしたスポーツ心理学。出口は「勝とうとか、負けたくないとかじゃない」と学びを得た。

「自然体でいることが一番大事だと教わりました。メンタルトレーニングは試合の時だけじゃない、と。いかに通常の自分で、どんな時も平常心でいられるか。それを普段から気にしながら生活しています。イライラすると、自分だけではなく周りにも影響する。日頃からイラッとしてしまうことをなくしたり、平常心を保てるような助言をしてもらいました」

1 2
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAMLB
Lemino
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集