[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

怪我に泣いた“浦和ユース最高傑作” 37歳の元Jリーガー中村祐也が関東2部で歩み始めた監督人生

クラブの長岡修代表(右)は中村祐也の男気と熱意に惚れ、監督を託した【写真:河野正】
クラブの長岡修代表(右)は中村祐也の男気と熱意に惚れ、監督を託した【写真:河野正】

指導する選手たちに「上の景色を見せてあげたい」

 クラブの長岡修代表は監督に抜擢した理由について「あれだけ才能がありながら怪我に苦しんだ。苦労を知り男気と熱意があり、チームのことを熟知しているから」と説明し、「1年目としては及第点。来年は昇格してくれると思う」と期待する。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 今季は8勝2分8敗の4位。過去最高成績だが、首位エリース東京FCとの勝ち点差は20もあった。初勝利は前期第6節。攻撃のやり方を変えたことに加え、考えが選手に上手く伝わらなかったことが原因と分析する。「攻守が噛み合い、内容と結果がついてきたところでリーグ戦が終わっちゃった」と苦笑するが、「後期は主導権を握る試合が多く来季につながりました」と手応えもつかんだ。

 大宮アルディージャなどに在籍し、同い年で同期加入の福田俊介は「主体性を大事にする監督で、考えながら戦えるチームになってきた。人間性も最高ですよ」と評した。

 受難のサッカー人生を送った中村は、苦労を知っているが故に監督という役回りについてこう話した。

「控えやベンチ外の選手にしっかり目配りし、アプローチできているのか不安だった。チーム愛があっても試合に出られなかったら、面白くないですからね。監督になってマネジメントの重要性を思い知った」

 現役時代はスポットを浴びることもなかったが、監督として“川口市からJリーグへ”というクラブの目標に近づくことを夢見る。「真面目にサッカーと向き合う彼らと一緒にやりたい、というあの頃のあの感情が今もある。上の景色を見せてあげたい思いがすべて」と男気を示した。

(河野 正 / Tadashi Kawano)

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集