[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「速いけど技術が足りない」の評価は日本のみ ドイツ人指導者が指摘、突出した個性を阻む価値観

サッカー・Jリーグで横浜フリューゲルスや浦和レッズなど、4クラブの監督を務めたゲルト・エンゲルス氏は、1993年のプロ化以降、日本サッカーの急速な発展を当事者として見続けてきたドイツ人指導者だ。しかも初来日した当初は滝川第二高校サッカー部のコーチを務め、近年は女子サッカーの強豪INAC神戸レオネッサを率いるなど、Jリーグ以外の日本サッカーの姿も熟知している。

浦和レッズ監督時代のエンゲルス氏。Jリーグ4クラブで指揮を執った【写真:Getty Images】
浦和レッズ監督時代のエンゲルス氏。Jリーグ4クラブで指揮を執った【写真:Getty Images】

ゲルト・エンゲルス「日本サッカー育成論」第3回、突出した個が育たない日本の環境

 サッカー・Jリーグで横浜フリューゲルスや浦和レッズなど、4クラブの監督を務めたゲルト・エンゲルス氏は、1993年のプロ化以降、日本サッカーの急速な発展を当事者として見続けてきたドイツ人指導者だ。しかも初来日した当初は滝川第二高校サッカー部のコーチを務め、近年は女子サッカーの強豪INAC神戸レオネッサを率いるなど、Jリーグ以外の日本サッカーの姿も熟知している。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 30年以上にわたって母国と日本をつなぐエンゲルス氏に聞く育成論。今回は突出した個の力が育ちにくい日本サッカーの環境について語る。そこには万能型の選手を育てようとする傾向や、若年層からの勝利至上主義があると指摘した。(取材・文=加部 究)

 ◇ ◇ ◇

 Jリーグが始まる前に来日したゲルト・エンゲルスは、日本サッカーの底上げを十分に実感している。しかし理想のピラミッドを想定すると、頂点の尖り具合が不足しているように思う。

「年齢を重ねるごとに、だんだん飛び抜けた存在が少なくなり、せっかく底が広がったピラミッドの上のほうがフラットになってしまっている印象です。アルゼンチンにはリオネル・メッシ、フランスならキリアン・エムバペなど代えのきかない選手がいる。一方、日本は誰が交代しても同じようなパフォーマンスを引き出せる。もしかするとアンダーカテゴリーの代表なら5つか6つくらいチームを作っても、全部ドイツに勝てるかもしれない。でもそこには、圧倒的なスタープレーヤーやリーダーが欠けている」

 最近はワールドカップを終えるたびに「個の力」が課題として挙げられる。だが突出した異質な個性は、100人単位での同じトレーニングでは引き出すことができない。

「彼はよく点を取るけれど、あまり上手くない。あるいは速いけれどテクニックが足りない、スタミナがない……。こういう評価は、日本で何度も聞きました。でも他の国では一度も聞いたことがない。もう少し日本は、ピッチ上での個々の役割を意識するべきです。テクニックもスタミナもあって両足を巧みに操る。全員がそういう選手である必要はない。スピードや守備での対人の強さなど明確な武器があるなら、そこに集中するべきなんです。きっとその中から爆発的な速さを持っていたり、群を抜いてダイナミックだったりする選手が出てくるはずです」

1 2

ゲルト・エンゲルス

元Jリーグ監督 
1957年4月26日生まれ。ドイツ出身。現役時代はボルシアMGに所属。引退後はケルン体育大学に進み、育成年代の指導も行った。1990年に初来日するとさまざまな縁で翌91年から滝川第二高校サッカー部のコーチに就任。93年から横浜フリューゲルスのコーチを務めると、クラブが消滅した98年には最後の監督となり天皇杯優勝に導いた。その後はジェフユナイテッド市原(現・千葉)監督を経て、2000年から京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)に移り、02年には監督として再び天皇杯優勝を達成。04年から08年まで浦和レッズでヘッドコーチ、監督を歴任した。11年からモザンビーク代表監督、20年にはINAC神戸レオネッサ監督を務め、現在は相生学院高校サッカー部を指導している。

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近、選手主体のボトムアップ方式で部活に取り組む堀越高校サッカー部のノンフィクション『毎日の部活が高校生活一番の宝物』(竹書房)を上梓。『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(いずれもカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集