[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

人生を変えた就活中の出会い 自転車ロード中根英登を「プロになる」と決意させた言葉

高校までサッカーをしていた中根英登、中京大で本格的に競技を始めた【写真:松本行弘】
高校までサッカーをしていた中根英登、中京大で本格的に競技を始めた【写真:松本行弘】

大学時代に欧州で味わった挫折が中根を突き動かす

 父の賢二さん(58歳)はロードレースで学生時代から活躍し、愛三工業株式会社(本社・愛知県大府市)で自転車競技部をプロ化させた中心人物だ。その愛三レーシングはUCIアジアツアーを主戦場にする国内有数のチームとなり、賢二さんはプロジェクトマネージャーを務める。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

 中根は高校3年の時、サッカーの全国高校総体(インターハイ)愛知県地区予選で敗退した翌週、ぶっつけ本番で自転車の予選に出場した。自転車ロードレースの漫画『Over Drive』にハマったサッカー仲間とともに、父から少し教わっていたのと、「自転車なら全国に出られるかも」と言われたからだ。そしてインターハイに出場した上に、上位に入ってしまった。そして中京大体育学部(現・スポーツ科学部)へ入学し、自転車競技部に入った。

 こんな経緯で大学からロードレースの練習を本格的に始めた。負けず嫌いの性格。「当時は強くない部だったので、練習でも勝てると楽しくなるし、どうせなら学生日本一になりたくなる。強い後輩が入ってきて刺激を受けたのも大きかった」。

 国内ではすぐに好成績を残せるようになったが、大学1年の春休みから毎年参加した「チームユーラシア」や「チームNIPPO」では、欧州のレースに出場しても歯が立たなかった。

「いきなり学生の全国トップ10に入って、ちょっと調子に乗っちゃいますよね。こんなもんかって。サッカーをしていたので、ヨーロッパのリーグに憧れがあって、自転車だけど嬉しいとか思って行ったんです。それでアマチュアレースを経験させてもらったら、完走すらできなかった。ただの一度も。鼻をへし折られました。そこが僕の基準になった」

 欧州で通用しないという挫折感も、中根を就活に向かわせていた一因だったかもしれない。

 だが、採用担当者からの言葉で思い直し、大学4年の年末に“プロになる”と決心した後、欧州で味わってきた経験が原動力になった。

「衝撃すぎて、こんなんじゃダメだ、こんなんじゃと、日本に帰ってもトレーニングで常に思っていました。そのままずっと、つながっている感じ」

 大学を卒業後、チームNIPPOで1年間、欧州のレースを走った後、帰国して愛三レーシングに3年間所属。2017年にUCIカテゴリーで上から2つ目のイタリアを拠点にするチームへ移籍して、再び欧州へ。3年間の経験を積んで、2020年にフランス拠点のチームに移り、初のステージ優勝を果たし、翌年にトップカテゴリーのUCIワールドチームへ。新城や別府らは高卒後に渡欧して才能を本場で伸ばしたが、中根は日本の大学ロードレース界から階段を1つずつ登るように頂点へたどり着く、新しい道を切り拓いた。

1 2 3
W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集