[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本4強に導いた早田ひな ベンチにいた4年前、伊藤美誠に学んだ土壇場の「芯の強さ」【世界卓球】

世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位スロバキアに3-0で勝利。4大会連続のメダルを確定させた。日本人トップの世界ランク5位・早田ひな(日本生命)は、第2試合で3-1。前回2018年の団体戦は出場1試合に留まったが、リザーブで学んだ「芯の強さ」を発揮した。51年ぶりの金メダルへ、7日の準決勝はドイツと対戦する。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

世界卓球に出場している早田ひな【写真:Getty Images】
世界卓球に出場している早田ひな【写真:Getty Images】

世界卓球団体戦

 世界卓球団体戦(テレビ東京系&BSテレ東で連日放送)が6日、中国・成都で行われ、女子準々決勝に臨んだ世界ランク2位の日本は、同30位スロバキアに3-0で勝利。4大会連続のメダルを確定させた。日本人トップの世界ランク5位・早田ひな(日本生命)は、第2試合で3-1。前回2018年の団体戦は出場1試合に留まったが、リザーブで学んだ「芯の強さ」を発揮した。51年ぶりの金メダルへ、7日の準決勝はドイツと対戦する。(文=THE ANSWER編集部・浜田 洋平)

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 芯をぶらさず、ラケットを振り抜いた。伊藤美誠がわずか18分で先勝して迎えた第2試合。早田は世界ランク48位バラージョバーを迎え撃った。第1ゲーム(G)はパワードライブに手こずるなど6-9と追い込まれたが、そこから5連続得点で逆転。11-9で先取すると、第2Gは場外までボールを弾き飛ばす強烈なフォアハンドなどで得点を重ね、連取した。

 しかし、第3Gは相手のナチュラルに変化するボールに苦戦。狙った通りに返球できず、7-11で奪われた。第4Gは変化を出させないためにフォア攻勢を仕掛ける。「難しく考えず、簡単に返して普通のラリーに」「あえて相手が待っていない普通のボールで」。試合中に脳みそをフル回転。「普通のラリーをしたら負けない。その強さが自分の中にある」。磨いた技を信じ、11-6で勝ち切った。

 初対戦となった癖のある欧州選手。事前のデータは少なかったが、コート上で情報収集した。格上の自分に思い切って向かってくる相手に巧みに対応。「試合の中でうまく調整できたことはすごく自信を持っていい」と胸を張った。グループリーグ(GL)初戦で3-0の快勝を収めた相手との再戦。第3試合は長崎美柚が勝利を飾り、日本はGLから6戦連続でストレート勝ちだ。

 4年前、ベンチから見た光景が糧になった。中国との決勝。17歳の伊藤が世界ランク1位にも立ったことのある劉詩雯を撃破した。銀メダルに終わったが、早田は同い年の金星を間近で目撃。「強い選手は自分の芯を持ってるんだな」。コリア(韓国と北朝鮮の合同チーム)との準決勝では、石川佳純がキム・ソンイとフルゲームの大激闘を制した。自身の出場はGL1試合のみでも、学ぶことを忘れなかった。

「その2試合が自分の中で凄く印象に残っています。互いにほとんど手を出し尽くした状態。最後に自分で何を選択して点を取るのか。2人はしっかり自分で決めて最後に取り切った。チームみんなのアドバイスを聞いた上で最後に自分が何を選択するのか、自分自身で決めないといけない。そういった芯の強さが凄く大事だなと思いました。

 過去に個人戦でやった相手でも、団体戦に強い選手、弱い選手がいる。過去の成績はある程度反映されるけど、『他の大会で勝ったから』と思うのではなく、あまり気にしない方がいい。その日、その日の調子で戦うので、その時に何がいいのか常に選択をしていくことが大事」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集